薬剤師の転職・就職は「薬剤師ナビ」をご利用ください

キャリアアップのための【初心者向け】IT関連資格おすすめ3選

当ページのリンクには広告が含まれています。
【初心者向け】おすすめIT関連資格
男子学生

就活するのにIT関連の資格を持っていたほうが有利なのかな?どんな資格がおすすめ?

女性

IT関連の資格を取得するのって、本当に自分のキャリアにプラスになるの?

ITを使いこなすスキルは、今や仕事だけでなく日常生活においても欠かせない能力の一つです。

とはいえ、「どのIT関連資格がどう役に立つのかわからない」という人も多いでしょう。

そこで、この記事では、「IT関連資格があなたの仕事や日常にどのように役立つのか?」、そして「どの資格が特におすすめなのか?」を解説します。

この記事でわかること
  • 初心者におすすめのIT関連資格
  • IT関連資格が日常業務やキャリアアップにどう役立つのか?
キャリアナビ

この機会にIT関連資格を取得することで、キャリアの幅を大きく広げましょう。

おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
1位2位3位3位
退職代行Jobs
退職代行jobs
退職代行モームリ
モームリ
男の退職代行
男の退職代行
わたしNEXT
わたしNEXT
弁護士法人みやび
みやび
退職110番
退職110番
弁護士法人ガイア
ガイア
退職代行OITOMA
オイトマ
退職代行ネルサポ
ネルサポ
退職代行ガーディアン
ガーディアン
運営元タイプ民間企業民間企業労働組合労働組合弁護士弁護士弁護士労働組合労働組合労働組合
正社員向け
料金(税込)
29,000円22,000円26,800円29,800円55,000円43,800円55,000円24,000円22,000円29,800円
即日退職
返金保証
転職サポート
評判・口コミ紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事
公式サイト
(外部サイト)
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
サービス名評価運営タイプ料金
(正社員)
ポイント公式サイト
1位退職代行Jobs
退職代行jobs

5.0
民間企業29,000円
(税込)
追加料金・期間制限なしでサポート

24時間365日体制で相談受付

現金翌月払いもOK
転職支援あり
詳細を見る
2位退職代行モームリ
モームリ

4.8
民間企業22,000円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

女性スタッフによる対応可能
転職支援あり
詳細を見る
3位男の退職代行
男の退職代行

4.5
労働組合26,800円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
3位わたしNEXT
わたしNEXT

4.5
労働組合29,800円
(税込)
女性特化のサービスが好評

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
目次

初心者におすすめ!IT関連資格3選

IT関連資格を取得しようと考えたとき、最初に直面するのが「どの資格を選べばいいのか」という問題です。

ITが日常業務に不可欠となる中、初心者向けの資格は、ITスキルの基礎を固める絶好のスタート地点となります。

キャリアナビ

でも、パソコン操作に不安を感じる初心者にとっては、資格の選択肢が多すぎてどこから手をつけていいのかわからないものですよね。

そこで、ここでは初心者におすすめのIT関連資格を厳選して3つご紹介します。

初心者におすすめのIT関連資格
  • 日商PC検定
  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
  • ITパスポート試験

日商PC検定

日商PC検定

日商PC検定」は、日本商工会議所が実施するビジネスでのPC使用能力を認定する資格です。

この検定は、ビジネスの現場で必要とされるパソコンの操作能力を測定し、証明するものです。

日商PC検定には、以下の4つのレベルがあります.

スクロールできます
レベル試験概要合格率受験料(税込)
Basicパソコン初心者向けの基礎的なスキルを問う試験

Word、Excel、PowerPointの基本操作を測定

受験資格の制限なし
約80%4,400
3級パソコンの基本操作とビジネス文書の作成スキルを問う試験

Word、Excel、PowerPointの基本的な機能の利用能力を測定

受験資格の制限なし
約70%5,500
2級ビジネス現場で必要とされる実践的なパソコンスキルを問う試験

Word、Excel、PowerPointの応用的な機能の利用能力を測定

受験資格の制限なし
約50%7,700
1級実務で必要とされる実践的なパソコンスキルを問う試験

表現技術について実践的かつ応用的な知識
受験資格の制限なし
約40%11,000

日商PC検定の資格を取得することで、ビジネスで通用するパソコンスキルを証明でき、就職や転職、昇進などに有利になります。

特に、事務職や営業職など、パソコンを使う仕事に就く際に、日商PC検定の資格は高く評価されます。

日商PC検定の試験は、CBT(Computer Based Testing)方式で行われ、全国のテストセンターで随時受験できます。

勉強方法としては、公式テキストや問題集、eラーニング教材などを活用することができます。実際のパソコンを使って、Word、Excel、PowerPointの操作方法を繰り返し練習することが大切です。また、ビジネス文書の作成やデータ分析など、実践的な問題に取り組むことも効果的です。

キャリアナビ

日商PC検定は、パソコンスキルを証明する代表的な資格の一つであり、ビジネスパーソンにとって大変価値のある資格です。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)』は、マイクロソフト社が提供するOffice製品(Word、Excel、PowerPoint、Accessなど)の利用スキルを証明する国際認定資格です。

MOS資格には以下の種類があります。

  • MOS Word
  • MOS Excel
  • MOS PowerPoint
  • MOS Access
  • MOS Outlook

また、試験のレベルは以下の3つに分かれており、全国の試験会場で随時受験することができます。

スクロールできます
レベル試験概要合格率受験料(税込
一般
(スペシャリスト)
各アプリケーションの基本的な機能や操作を問う試験約60%10,780
エキスパート高度な機能や複雑な操作を問う試験

Word、Excelのみに設定

一般レベルの合格が受験の条件
約40%12,980
マスターエキスパートレベルを超える高度な技能を問う試験

Word、Excel、PowerPointの3科目に合格する必要あり
約20%15,180
MOS試験のレベルと試験概要

MOS資格を取得することで、Officeアプリケーションの利用能力を客観的に証明でき、就職や転職、昇進などで有利にはたらきます。

キャリアナビ

特に、事務職や営業職など、Officeアプリケーションを多く使う仕事に就く際に、MOS資格は高く評価されるでしょう

ITパスポート試験

ITパスポート試験

ITパスポート試験(通称iパス)」は、日本の情報処理推進機構(IPA)が実施する、ITに関する基本的な知識や用語を理解していることを証明する資格です。

キャリアナビ

以下のようなITに関連する幅広い分野の基礎知識が問われます。

  • ITの基本的な法律知識
  • プロジェクトマネジメント
  • ネットワーク
  • データベース など

特に、非IT職でもITの基礎知識が求められる現代において、ITパスポートはあらゆるビジネスパーソンにとって有益な資格と言えるでしょう。

この資格を持っていることで、ITに関するコミュニケーションが円滑になり、ITを活用した業務改善や新たなビジネスチャンスの創出に繋がる可能性が広がります。

IT関連資格があなたのキャリアにもたらす変化

IT関連資格の取得のメリットは、単に新しい知識や技術を身につけることだけではありません。あなたのキャリアを大きく変化させる可能性すらあります

キャリアナビ

職場でのパフォーマンス向上や、チーム内での役割強化など、多方面にわたるメリットが期待できるのです。

効率化と生産性向上

ITスキルは、現代の職場において最も求められるスキルの一つです。

キャリアナビ

特に、Excel、Word、PowerPointなどのオフィスアプリケーションの習得は、業務の効率化に直結します。

たとえば、Excelの高度な関数やマクロを駆使することで、煩雑なデータ分析や報告書作成の時間を大幅に短縮できます。

キャリアナビ

これにより、時間を有効に活用し、より戦略的な業務に集中できるようになります。

プロジェクト管理とチームワークの向上

IT関連資格を通じて習得したスキルは、プロジェクト管理やチームワークを向上させる上で非常に有効です。

キャリアナビ

たとえば、「プロジェクト管理ツール」や「共同作業プラットフォーム」を効果的に利用することで、プロジェクトの進行をスムーズにできます。

また、プロジェクトの進捗状況や成果物を分かりやすく可視化することで、チームメンバー間の理解を深め、共通の目標に向かって効率的にプロジェクトを進めることが可能です。

こうしたスキルは、チームリーダーやプロジェクトマネージャーなどへのキャリアアップに有効に働くでしょう。

コミュニケーションの向上

ITスキルはコミュニケーションの質を向上させます。

キャリアナビ

たとえば、メールやオンライン会議ツールの適切な使用は、職場内外との円滑な情報交換に必須です。

プレゼンテーションスキルも同様に、アイデアや成果を効果的に伝えるために欠かせません。

魅力的で理解しやすいプレゼンテーションを作成できる能力は、クライアントや上司・同僚からの信頼を得る上で大きなアドバンテージとなります。

転職・昇進時におけるIT関連資格の影響力

転職や昇進の際、資格は大きなアピールポイントです。

応募する職種に関わらず、履歴書にIT関連資格を記載することで、あなたのITスキルが一定の水準以上であることを明確に示せます。

たとえば、MOS(Microsoft Office Specialist)資格は、文書作成、表計算、プレゼンテーション作成能力など、ビジネスシーンで広く求められるスキルをカバーしています。

この資格を履歴書に記載することで、効率的な業務遂行能力を持つことを示し、採用担当者に対して良い印象を与えることができます。

キャリアアップへの具体的ステップ

IT関連資格は、転職や昇進の際にあなたのスキルを客観的に示す証明書の役割を果たします。

ですが、IT関連資格をキャリアアップにつなげるためには、資格取得後の積極的なスキル活用と、さらなる学習が重要です。

資格取得を通じて習得した知識や技術を日常業務に積極的に取り入れ、効率化や品質向上に貢献することで、その本当の価値が発揮されます。

キャリアナビ

また、業務の節目ごとに、さらに上位の資格取得や新しい技術の習得にチャレンジしても良いでしょう。

たとえば、「Excelスペシャリスト資格」を持っているなら、次はデータベースやプログラミング関連の資格に挑戦することで、より専門的なスキルを身につけ、キャリアの幅を広げることができます。

これにより、採用担当者や上司に対して、自己の能力と積極性をアピールし、キャリアアップのチャンスを広げることができるのです。

まとめ

この記事では「キャリアアップのための【初心者向け】IT関連資格おすすめ3選」について解説してきました。

記事の内容をまとめます。

この記事のまとめ
  • 初心者におすすめのIT関連資格は以下の3つ
    • 日商PC検定
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
    • ITパスポート試験
  • IT関連資格は日常業務の効率化だけでなく、キャリアアップにも有効
  • IT関連資格をキャリアアップにつなげるためには、資格取得後の積極的なスキル活用と、さらなる学習が重要

IT関連資格は、現代のビジネスシーンにおいて必須のスキルを客観的に証明してくれる有効な手段であり、昇進や転職といったキャリアアップの際にも役にたつものです。

今回紹介したのは初心者向け資格ですが、それでも資格取得のためには、明確な学習計画の立案適切なリソースの選定、そして実践を通じた十分な学習が必要になります。

キャリアナビ

ぜひ今日から一歩ずつで良いので、目標に向かって努力を始めましょう。

本記事は公開時点の情報を元に作成しており、最新情報とは異なる場合があります
あらかじめご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

転職や退職は人生の大きな一歩です。不安や疑問があるのは当然のこと。そんな皆さんの悩みに寄り添い、一人一人に合った最良の解決策をご提案します。

仕事を辞めたいと思ったら、どうすればいいか。新しい職を探すにはどうしたらいいか。そんな疑問に、一緒に答えを見つけましょう。

目次