薬剤師の転職・就職は「薬剤師ナビ」をご利用ください

営業職がスムーズに退職する方法:退職意思の伝え方と引き継ぎの手順

当ページのリンクには広告が含まれています。
営業職がスムーズに退職する方法

営業の仕事をしているんだけど、転職のために今の会社を辞めたいと思ってるんだよね……
でも、営業先との繋がりや交渉中の案件もあるし、どうしたらスムーズに退職できるんだろう

営業職として働いていると、転職や独立などの理由で、退職を検討することがあるでしょう。

しかし、退職は会社と自分にとって大きな節目です。円満に退職するためには、事前の準備と退職の伝え方、後任への引き継ぎなどが重要です。

そこで、この記事では「営業職がスムーズに退職するために押さえておきたいポイント」を解説します。

キャリアナビ

また、退職代行サービスの活用についても紹介します。

この記事でわかること
  • スムーズに退職するために、退職の意思を伝える際の3つのポイント
  • 営業職の業務を引き継ぐための簡単な手順と円満に退職するためのポイント
  • スムーズに退職するための退職代行サービスの活用方法
おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
1位2位3位3位
退職代行Jobs
退職代行jobs
退職代行モームリ
モームリ
男の退職代行
男の退職代行
わたしNEXT
わたしNEXT
弁護士法人みやび
みやび
退職110番
退職110番
弁護士法人ガイア
ガイア
退職代行OITOMA
オイトマ
退職代行ネルサポ
ネルサポ
退職代行ガーディアン
ガーディアン
運営元タイプ民間企業民間企業労働組合労働組合弁護士弁護士弁護士労働組合労働組合労働組合
正社員向け
料金(税込)
29,000円22,000円26,800円29,800円55,000円43,800円55,000円24,000円22,000円29,800円
即日退職
返金保証
転職サポート
評判・口コミ紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事
公式サイト
(外部サイト)
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
サービス名評価運営タイプ料金
(正社員)
ポイント公式サイト
1位退職代行Jobs
退職代行jobs

5.0
民間企業29,000円
(税込)
追加料金・期間制限なしでサポート

24時間365日体制で相談受付

現金翌月払いもOK
転職支援あり
詳細を見る
2位退職代行モームリ
モームリ

4.8
民間企業22,000円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

女性スタッフによる対応可能
転職支援あり
詳細を見る
3位男の退職代行
男の退職代行

4.5
労働組合26,800円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
3位わたしNEXT
わたしNEXT

4.5
労働組合29,800円
(税込)
女性特化のサービスが好評

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
目次

退職の意思を伝える際の3つのポイント

営業職に限りませんが、スムーズに退職するためには、まず退職の意思を上司に伝えることが大切です。

キャリアナビ

退職の意思を伝える際には、以下の3つのポイントを押さえましょう。

退職の意思を伝える際の3つのポイント
  • 直属の上司に伝える
  • 退職理由を明確にする
  • 退職日を仮決めする

直属の上司に伝える

退職の意思を伝える際には、まず直属の上司に伝えます

キャリアナビ

上司を飛び越して、部長や社長などの上長に伝えるのは避けましょう。

直属の上司が退職の意思を把握していないと、退職手続きがスムーズに進まない可能性があります。

退職理由を明確にする

退職理由を明確に伝えることで、上司の理解を得やすくなります。

退職理由を決める際には、正直に伝えることが大切です。

とはいえ、正直すぎるのも考えものです。会社や上司への批判を避け、前向きな理由を述べるようにしましょう。

キャリアナビ

退職理由は、次のいずれかから選択するとよいでしょう。

  • 次の仕事が決まった
  • スキルアップやキャリアアップのために転職する
  • 家庭の事情
  • 会社や仕事への不満

退職日を仮決めする

退職日を決める際には、会社に迷惑をかけない日を指定しましょう

一般的には、退職日の1ヶ月前までに退職の意思を伝えるのがマナーです。

キャリアナビ

ただし、会社や業務の状況によっては、退職日の調整が必要になる場合もあります。

退職の意思の伝え方の例

退職の意思を伝える際には、以下の例文を参考にしてみてください。

退職連絡の例

〇〇部長、お忙しいところ恐れ入ります。

このたび、〇月〇日をもって退職させていただきたく、ご連絡いたしました。

退職の理由は、次の仕事が決まったためです。

これまでお世話になりましたことを、心より感謝申し上げます。

退職に伴い、引き継ぎについては、〇月〇日までにご相談させていただきたく存じます。

ご多忙のところ恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

退職の意思を伝える際には、しっかりと準備をして、上司に好印象を与えられるようにしましょう。

業務を引き継ぐための手順3ステップ

営業職がスムーズに退職するためには、業務を引き継ぐことが重要です。業務を引き継ぐことで、後任者がスムーズに業務を開始でき、会社への迷惑を最小限に抑えることができます。

業務を引き継ぐための手順は、以下の3つです。

STEP
後任者を決定する

まず、後任者を決定する必要があります。

後任者は、営業経験があり業務を理解できる人材が望ましいです。

STEP
引き継ぎ資料を作成・共有する
キャリアナビ

後任者が決まったら、早急に引き継ぎ資料を作成・共有します。

引き継ぎ資料には、後任者が業務を開始するために必要な情報を記載します。

引き継ぎ資料の例
  • 顧客リスト
  • 営業資料
  • 営業ノート
  • 営業手順書
  • 営業目標
  • 営業戦略
  • 営業成果
キャリアナビ

引き継ぎ資料は、わかりやすく、簡潔に作成しましょう。

STEP
引き継ぎミーティングを行う

最後に、引き継ぎミーティングを行います。

引き継ぎミーティングでは、引き継ぎ資料の内容を説明するとともに、実務的な質問に答えます。双方向のコミュニケーションを意識して、疑問点や不安点を解消できるようにしましょう

キャリアナビ

引き継ぎミーティングの進め方としては、以下のようなものが挙げられます。

引き継ぎミーティングの進め
  1. 挨拶
  2. 自己紹介
  3. 引き継ぎ資料の説明
  4. 質疑応答
  5. 締め

引き継ぎ時の注意点

業務を引き継ぐ際には、以下の点に注意しましょう。

引き継ぎ時の注意点
  • 早めに準備を始める
  • わかりやすく、簡潔に説明する
  • 双方向のコミュニケーションを意識する

業務を引き継ぐことで、円満退職に近づくことができます。

キャリアナビ

ぜひ、上記の手順を参考に、スムーズな退職を実現しましょう。

営業職が円満に退職するためのポイント3つ

営業職の退職は、取引先や顧客への影響も大きいため、円満に退職することが重要です。

キャリアナビ

ここでは、営業職が円満に退職するためのポイントを3つご紹介します。

営業職が円満に退職するためのポイント3つ
  • 周囲への挨拶を行う
  • 退職後の連絡先を伝える
  • 退職祝いを受ける

周囲への挨拶を行う

まずは、直属の上司や同僚、取引先や顧客など、関係するすべての人に挨拶をしましょう

挨拶は、退職する旨を伝えるだけでなく、これまでお世話になったことへの感謝の気持ちを伝える場です。

挨拶の際は、退職する日時や後任者の名前などを明確に伝えましょう

キャリアナビ

また、退職理由は、ポジティブな理由に言い換えるなど、配慮が必要です。

退職後の連絡先を伝える

退職後も、取引先や顧客とのつながりを持ちたい場合は、連絡先を伝えましょう。

メールアドレスや電話番号、LINE IDなど、連絡を取りやすい方法で伝えるとよいでしょう。

退職祝いを受ける

退職祝いは、これまでの労をねぎらう気持ちの表れです。

退職祝いを受け取る際は、感謝の気持ちを伝えましょう。また、退職祝いのお返しは、退職後に郵送などで送るとよいでしょう。

キャリアナビ

これらのポイントを押さえることで、営業職も円満に退職することができます。

退職代行サービスの活用

営業職は、顧客や取引先との付き合いも多く、退職がスムーズにいかないと、会社や周囲に迷惑をかけてしまうこともあります。

キャリアナビ

そこで、退職代行サービスを利用することで、スムーズな退職を実現できる可能性があります

「退職代行サービス」とは、退職の意思を伝えたり、退職届の作成や提出を代行してくれるサービスです。

退職を決意したものの、退職の切り出し方や退職届の書き方がわからない、会社や上司との関係がいまいち良くない、といった方におすすめです。

キャリアナビ

退職代行サービスをうまく活用することで、営業職でもスムーズな退職を実現できるでしょう。

退職代行サービスの具体的な流れ

退職代行サービスの利用を検討している方は、以下の流れで進めるとスムーズです。

  1. 退職代行サービスを複数比較して自分に合ったサービスを選ぶ
  2. 退職代行サービスに申し込む
  3. 退職の意思を伝える
  4. 退職届の作成・提出
  5. 業務引き継ぎ
STEP

退職代行サービスを複数比較して自分に合ったサービスを選ぶ

まずは、いくつかの退職代行サービスを比較して、どのサービスが自分にあっているかを調べましょう

退職代行サービスには、退職の意思を伝えるだけのものから、退職後のアフターフォロー・転職支援までを行ってくれるもの、未払給与等の支払い交渉をしてくれるものなど、様々なものがあります。

キャリアナビ

基本的には、対応してくれるサービス内容が多くなるほど、料金もあがる傾向があります。

STEP

退職代行サービスに申し込む

希望するサービスを提供してくれそうな退職代行サービスが見つかったら、相談を申し込みましょう。

キャリアナビ

多くの退職代行サービスが無料相談を実施しています。

相談の結果、問題がなければ正式にサービスの利用申込をしましょう。

STEP

退職日を決める

退職日は、退職代行サービスに依頼する際に決めます。

キャリアナビ

退職代行サービスでは、希望する退職日をベースに、会社との調整を代行してくれます。

STEP

退職の意思を伝える

退職代行サービスを通じて、会社に退職の意思を伝えましょう。

STEP

退職届の作成・提出

退職届を作成し、会社に郵送しましょう。

退職届は、テンプレートを用意してくれる退職代行サービスもありますが、一般的にインターネットなどで手に入るテンプレートを利用して作成してもOKです。

キャリアナビ

以下の記事でも例文を載せていますので、参考にしてください。

STEP

業務引き継ぎ

退職後は、後任者に業務を引き継ぐ必要があります。

退職代行サービスでは、業務引き継ぎのサポートも行ってくれます。

退職後は、会社や周囲と円満な関係を築くことが大切です。

退職代行サービスでは、退職後のフォローも行ってくれるサービスもあるので、上手に利用すれば安心して退職を迎えることができます。

まとめ

この記事では「」について解説してきました。

記事の内容をまとめます。

この記事のまとめ
  • スムーズに退職するためには、まず退職の意思と理由を上司に伝えることが大切
  • 営業職がスムーズに退職するためには、早めに業務を引き継ぐことが重要
  • 状況次第では、退職代行サービスを利用することで、スムーズな退職を実現できることがある

営業職がスムーズに退職するためには、事前の準備と退職の伝え方、後任への引き継ぎなどが重要です。

上司や会社との関係がいまいちであったり、これ以上悪化させたくない場合は、退職代行サービスを活用するのも一つの方法です。

退職は会社と自分にとって大きな節目です。

キャリアナビ

円満に退職するために、この記事を参考に準備を進めましょう。

退職後のお金が心配な人は『退職給付金サポート』の失業後の給付金受給サポートがおすすめ

退職したいけど、転職先が決まるまでの生活費が心配だなぁ……

女性

今の会社がブラックすぎて、退職代行サービスを使ってでも辞めたいんですが、次の仕事は決まっていないし、お金の余裕もないんです……

そんな方におすすめなのが『退職給付金サポート』の「失業後の給付金受給サポート」です。

『退職給付金サポート』は退職後の生活費の保障となる「失業手当」に加え「傷病手当金」を受給するための申請サポートサービスです。

退職後に失業保険(失業手当)を3ヶ月間だけ受給される方は多いものですが、実は、条件を満たしている方は給付金を最大28ヶ月間受給できる制度があるんです。

こういった方は、本来給付金の対象にも関わらず一人あたり数十万円~数百万円もの金額を受け取り損ねています

キャリアナビ

とはいえ、給付金の手続きは複雑で面倒なのも事実です。

その点、『退職給付金サポート』なら複雑な手続きをサポート専任スタッフがご案内!

利用を希望される方は、まずは制度やサービスの概要を知っていただくために『退職給付金サポート』をLINE登録してみてください

\ プロによる給付金の申請サポート

最大受給期間はなんと28カ月

本記事は公開時点の情報を元に作成しており、最新情報とは異なる場合があります
あらかじめご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

転職や退職は人生の大きな一歩です。不安や疑問があるのは当然のこと。そんな皆さんの悩みに寄り添い、一人一人に合った最良の解決策をご提案します。

仕事を辞めたいと思ったら、どうすればいいか。新しい職を探すにはどうしたらいいか。そんな疑問に、一緒に答えを見つけましょう。

目次