薬剤師の転職・就職は「薬剤師ナビ」をご利用ください

営業職からの転職で年収UP!おすすめ職種と成功のコツ

当ページのリンクには広告が含まれています。
営業職からの転職で年収UP?

長年、営業職をやってきたけど、他の職種に転職して年収アップやキャリアアップを目指したい!
でも、どんな職種なら有利なんだろう?

営業職で培ったスキルや経験を活かして、年収アップやキャリアアップを目指したい方も多いでしょう。しかし、営業職から未経験の異職種への転職は、ハードルが高いと感じる人もいるかもしれません。

そこでこの記事では、営業職からの転職について、次の内容を解説していきます。

この記事でわかること
  • 営業職から転職するメリット・デメリット
  • 営業職からの転職で年収UPを実現する方法
  • 営業職からの転職におすすめの職種
  • 営業職からの転職成功のコツ
キャリアナビ

いますぐ転職したい方だけでなく、将来的なキャリアパスに悩んでいる営業職の方も、ぜひ一度記事を読んでみてくださいね。

おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
1位2位3位3位
退職代行Jobs
退職代行jobs
退職代行モームリ
モームリ
男の退職代行
男の退職代行
わたしNEXT
わたしNEXT
弁護士法人みやび
みやび
退職110番
退職110番
弁護士法人ガイア
ガイア
退職代行OITOMA
オイトマ
退職代行ネルサポ
ネルサポ
退職代行ガーディアン
ガーディアン
運営元タイプ民間企業民間企業労働組合労働組合弁護士弁護士弁護士労働組合労働組合労働組合
正社員向け
料金(税込)
29,000円22,000円26,800円29,800円55,000円43,800円55,000円24,000円22,000円29,800円
即日退職
返金保証
転職サポート
評判・口コミ紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事
公式サイト
(外部サイト)
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
サービス名評価運営タイプ料金
(正社員)
ポイント公式サイト
1位退職代行Jobs
退職代行jobs

5.0
民間企業29,000円
(税込)
追加料金・期間制限なしでサポート

24時間365日体制で相談受付

現金翌月払いもOK
転職支援あり
詳細を見る
2位退職代行モームリ
モームリ

4.8
民間企業22,000円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

女性スタッフによる対応可能
転職支援あり
詳細を見る
3位男の退職代行
男の退職代行

4.5
労働組合26,800円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
3位わたしNEXT
わたしNEXT

4.5
労働組合29,800円
(税込)
女性特化のサービスが好評

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
目次

営業職から転職する4つのメリット

まずは、営業職から転職するメリットを見ていきましょう。

営業職から転職する4つのメリット
  • コミュニケーションスキルが活かせる
  • 論理的思考力や分析力が身に付いている
  • 目標達成力が身に付いている
  • メンタルが強くなる

コミュニケーションスキルが活かせる

営業職では、顧客や取引先と頻繁にコミュニケーションをとります。そのため、営業職で培ったコミュニケーションスキルは他の職種でも大いに役立ちます

キャリアナビ

たとえば、カスタマーサポートや人事、接客業など、対人スキルが求められる仕事に転職する場合に、このスキルが強みになります。

論理的思考力や分析力が身に付いている

営業職では、顧客のニーズを把握し、それに応える提案を行います。このプロセスで自然と論理的思考力や分析力が鍛えられます。

キャリアナビ

これらのスキルは、マーケティングや企画職などで特に活かせます。

目標達成力が身に付いている

営業職では、目標を達成するためにスケジュールを立て、自分で行動計画を作成します。

キャリアナビ

この経験は、プロジェクト管理やイベント企画など、計画的に物事を進める仕事に非常に役立ちます。

メンタルが強くなる

営業職では、顧客からの断りや失敗を経験することも多いですが、これらを乗り越えることでメンタルが強くなります。

キャリアナビ

この強さは、どの職場でも高く評価されるポイントです。

営業職から転職する3つのデメリット

一方で、営業職から転職する際には次のようなデメリットもあります。

営業職から転職する3つのデメリット
  • 未経験の職種への転職は難しい
  • 収入が下がる可能性がある
  • 新たなスキルや知識の習得が必要

未経験の職種への転職は難しい

営業職は特定の専門知識やスキルが求められるわけではありません。

そのため、全く異なる職種に転職する場合、採用されるまでの道のりが厳しいことがあります。

キャリアナビ

たとえば、ITエンジニアや医療職など、専門的な知識が必要な職種では特に難しいです。

収入が下がる可能性がある

営業職は成果次第で高収入が期待できますが、未経験の職種に転職した場合、成果を出すまでの間は収入が下がることがあります。

キャリアナビ

新しい職場での実績が評価されるまでの間、収入が安定しない可能性があります。

新たなスキルや知識の習得が必要

営業職から転職する場合、新しい職種や業界に合わせた知識やスキルの習得が必要です。

そのため、学習時間や費用がかかることがあります。

キャリアナビ

たとえば、デジタルマーケティングやプログラミングのスキルを身につけるために、講座を受講する必要があるかもしれません。

営業職からの転職は有利?

営業職は、顧客と直接やり取りし、商品やサービスの販売を行う職種です。

そのため、コミュニケーション能力や交渉力、課題解決能力など、さまざまなスキルを身につけることができます。

これらのスキルは、他の職種でも活かすことができるため、営業職は転職の際に有利であると言えます。

キャリアナビ

たとえば、次のような職種であれば、営業で身につけたスキルを活かすことができるでしょう。

職種仕事内容
企画職商品やサービスの企画・開発を担当する
マーケティング職商品やサービスのマーケティング・広報を担当する
販売職営業や企画などの業務をサポートする
事務職データ入力や資料作成など、基本的な事務作業を行う
エンジニアシステムやアプリケーションの開発を行う
ITコンサルタント企業のITシステムの導入や運用を支援する
介護職高齢者や障がい者の日常生活をサポートする

これらは、未経験者でも採用されるケースが多く、転職のハードルが比較的低い職種です。

また、営業職として培ったコミュニケーション能力や交渉力は、次のような場面でも役立ちます。

  • 新規事業の立ち上げ
  • 海外進出
  • 人材育成
キャリアナビ

このように、営業職から転職する場合は、これまでの経験をどのように活用できるかアピールすることが重要です。

営業職からの転職を成功させる3つのコツ

営業職から転職する際には、以下の3つのコツを押さえることが大切です。

営業職からの転職を成功させる3つのコツ
  1. 転職先の選び方
  2. 自己分析・スキルアップ
  3. 面接対策
キャリアナビ

これらのコツを押さえることで、営業職からの転職を成功させやすくなります。

①転職先の選び方

まずは、転職先の業界や職種を決めましょう。

この際、営業職で身につけたスキルや経験を棚卸しして、それを活かせる職種を選ぶと、転職成功の可能性が高まります。

また、転職先の企業規模や社風なども考慮しましょう。

企業規模が大きいほど、福利厚生や待遇が充実している傾向がありますが、競争も激しくなります。

キャリアナビ

社風が自分に合っているかどうかも、転職後のミスマッチを防ぐために重要です。

②自己分析・スキルアップ

転職先で自分のスキルや経験をどのように活かせるのかを、明確に伝えられるように自己分析を行いましょう。

キャリアナビ

また、転職先で必要なスキルや知識があれば、事前に身につけておくことが大切です。

自己分析の方法としては、以下のような方法が挙げられます。

  • 自分の強みや弱み、性格などを書き出す
  • 今までの経験を振り返り、そこから得たものを書き出す
  • キャリアコンサルタントに相談する

スキルアップの方法としては、以下のような方法が挙げられます。

  • 資格取得を目指す
  • オンライン講座やセミナーを受講する
  • 独学で勉強する

③面接対策

転職先の企業や職種に合わせた面接対策をしておきましょう。

キャリアナビ

具体的には、以下のようなことを準備しておくと良いでしょう。

  • 企業の概要や事業内容を調べる
  • 職種の業務内容を調べる
  • 自己PRや志望動機を具体的に考える

また、面接練習をしておくと、本番での緊張を和らげることができます

キャリアナビ

転職エージェントなどでは、無料で面接練習に対応してくれるサービスもありますので、積極的に活用していきましょう。

まとめ

この記事では「営業職からの転職で年収UP?業界別おすすめ職種と成功のコツ」について解説してきました。

記事の内容をまとめます。

この記事のまとめ
  • 営業職からの転職でおすすめの職種は企画職やマーケティング職など多岐にわたる
  • 普段の業務で身についたコミュニケーション能力や交渉力、課題解決能力などは他の職種でも使えるスキル
  • 営業職から転職する際には、以下の3つのコツを押さえることが大切です。
    • 転職先の選び方
    • 自己分析・スキルアップ
    • 面接対策

営業職からの転職は、スキルや経験を活かして年収UPやキャリアアップを実現するチャンスです。しかし、未経験の場合は、転職先の選び方や自己分析・スキルアップ、面接対策など、事前の準備が重要です。

キャリアナビ

本記事でご紹介した内容を参考に、ぜひ自分に合った転職先を見つけて、新たなキャリアをスタートさせましょう。

本記事は公開時点の情報を元に作成しており、最新情報とは異なる場合があります
あらかじめご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

転職や退職は人生の大きな一歩です。不安や疑問があるのは当然のこと。そんな皆さんの悩みに寄り添い、一人一人に合った最良の解決策をご提案します。

仕事を辞めたいと思ったら、どうすればいいか。新しい職を探すにはどうしたらいいか。そんな疑問に、一緒に答えを見つけましょう。

目次