薬剤師の転職・就職は「薬剤師ナビ」をご利用ください

退職代行サービスは「非弁行為」にあたるのか?違法性やリスクを解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
非弁行為
男性

退職代行サービスを使って退職しようと思うんだけど、法律的な問題とか無いのかな?

女性

一部の退職代行業者が違法行為をしているって噂は本当?

退職代行は、本人に代わって会社に退職の意思を伝えることを代行してくれるサービスです。

最近では、退職を円満に進めるために退職代行を利用する人も増えています。しかし、退職代行が「非弁行為」にあたるのか、違法性やリスクが気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、「退職代行と非弁行為の違い」と「退職代行の違法性やリスク」について解説します。

キャリアナビ

退職代行を利用する前に、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
1位2位3位3位
退職代行Jobs
退職代行jobs
退職代行モームリ
モームリ
男の退職代行
男の退職代行
わたしNEXT
わたしNEXT
弁護士法人みやび
みやび
退職110番
退職110番
弁護士法人ガイア
ガイア
退職代行OITOMA
オイトマ
退職代行ネルサポ
ネルサポ
退職代行ガーディアン
ガーディアン
運営元タイプ民間企業民間企業労働組合労働組合弁護士弁護士弁護士労働組合労働組合労働組合
正社員向け
料金(税込)
29,000円22,000円26,800円29,800円55,000円43,800円55,000円24,000円22,000円29,800円
即日退職
返金保証
転職サポート
評判・口コミ紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事
公式サイト
(外部サイト)
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
サービス名評価運営タイプ料金
(正社員)
ポイント公式サイト
1位退職代行Jobs
退職代行jobs

5.0
民間企業29,000円
(税込)
追加料金・期間制限なしでサポート

24時間365日体制で相談受付

現金翌月払いもOK
転職支援あり
詳細を見る
2位退職代行モームリ
モームリ

4.8
民間企業22,000円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

女性スタッフによる対応可能
転職支援あり
詳細を見る
3位男の退職代行
男の退職代行

4.5
労働組合26,800円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
3位わたしNEXT
わたしNEXT

4.5
労働組合29,800円
(税込)
女性特化のサービスが好評

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
目次

「退職代行」とは

退職代行」とは、労働者が自身の退職意志を会社に伝えることが困難な場合に、代わりに退職の意向を伝える業務を指します。

「代行」ですから、家事代行や運転代行などと同様、「スムーズに退職できるよう本人に代わって行ってくれるサービス」です。

このサービスは、以下のような状況の人にとって心強い存在です。

  • 対人関係が原因で退職を切り出せない
  • パワハラを受けているため直接話すことができない
  • 退職の意思を伝えても会社がそれに応じない

こういった問題に対して、適切な対処をしてくれるので、近年ではますます人気になっています。

「非弁行為」とは

非弁行為」とは「弁護士資格を持たない者が報酬を得る目的で法律事務を行うこと」を指し、これは弁護士法で禁じられています

法律事務には、訴訟や調停などの裁判手続き、契約書の作成や交渉、遺言書の作成など、さまざまなものがあります。

弁護士以外が運営する退職代行サービスでも、単に退職の意志を伝えるだけであれば問題ありませんが、労働条件の交渉や法的手続きを伴う場合は、非弁行為に該当する可能性があります

非弁行為の例
  • 労働条件の交渉
  • 退職届代筆などの書類作成
  • 未払給与・残業代の請求
  • 退職金の請求
  • その他の法律手続き

退職代行は非弁行為にあたるのか?

退職代行は、退職の意思を伝える手続きを代行するだけであれば、非弁行為にあたりません

しかし、退職条件の交渉や退職金の請求など、法律事務に該当する業務を行うと、非弁行為にあたります

数年前までは、退職条件の交渉や退職金の請求などの法律事務を違法に行う退職代行業者がありました。当然このような業者は淘汰され、最近では少なくなっています。

キャリアナビ

しかし、正直言ってまだやっている業者もいるようです。

こういったサービスは非弁行為にあたるため、弁護士以外で、これらを「やります」などと宣伝している退職代行業者を利用することは避けたほうがよいでしょう。

まとめ:退職代行の利用を検討する際の考え方

退職代行を利用するかどうかは、労働者の状況や考え方によって異なります。

  • 会社をどうしても辞めたいのに辞めさせてくれない
  • トラブルなく、退職を円満に進めたい
  • 会社との交渉を避けたい
キャリアナビ

こういった理由がある場合は、退職代行の利用を検討するとよいでしょう。

ただし、退職条件の交渉やサービス残業代・退職金の請求など、法律事務を依頼したい場合は必ず弁護士に依頼するようにしましょう。

また、退職代行を利用するかどうかは、メリットとデメリットを比較して慎重に判断しましょう。

退職後のお金が心配な人は『退職給付金サポート』の失業後の給付金受給サポートがおすすめ

退職したいけど、転職先が決まるまでの生活費が心配だなぁ……

女性

今の会社がブラックすぎて、退職代行サービスを使ってでも辞めたいんですが、次の仕事は決まっていないし、お金の余裕もないんです……

そんな方におすすめなのが『退職給付金サポート』の「失業後の給付金受給サポート」です。

『退職給付金サポート』は退職後の生活費の保障となる「失業手当」に加え「傷病手当金」を受給するための申請サポートサービスです。

退職後に失業保険(失業手当)を3ヶ月間だけ受給される方は多いものですが、実は、条件を満たしている方は給付金を最大28ヶ月間受給できる制度があるんです。

こういった方は、本来給付金の対象にも関わらず一人あたり数十万円~数百万円もの金額を受け取り損ねています

キャリアナビ

とはいえ、給付金の手続きは複雑で面倒なのも事実です。

その点、『退職給付金サポート』なら複雑な手続きをサポート専任スタッフがご案内!

利用を希望される方は、まずは制度やサービスの概要を知っていただくために『退職給付金サポート』をLINE登録してみてください

\ プロによる給付金の申請サポート

最大受給期間はなんと28カ月

本記事は公開時点の情報を元に作成しており、最新情報とは異なる場合があります
あらかじめご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

転職や退職は人生の大きな一歩です。不安や疑問があるのは当然のこと。そんな皆さんの悩みに寄り添い、一人一人に合った最良の解決策をご提案します。

仕事を辞めたいと思ったら、どうすればいいか。新しい職を探すにはどうしたらいいか。そんな疑問に、一緒に答えを見つけましょう。

目次