薬剤師の転職・就職は「薬剤師ナビ」をご利用ください

「引き継ぎ」を効果的に進める秘訣!退職時の実践テクニック

当ページのリンクには広告が含まれています。
退職時の適切な『引き継ぎ』プロセス
女性

退職することになったけど、後任にどうやって仕事をバトンタッチすればいいのか全くわからないんです。何から始めればいいんでしょうか?

男性

後任者への引き継ぎで、特に注意すべきポイントはありますか?これまで自分なりのやり方で進めてきた業務が多くて、どう説明していいか悩んでいます。

退職することになったら、次にバトンを渡す引き継ぎの準備を始めましょう。

引き継ぎの準備といっても、難しいことはありません。自分の仕事をリストアップして、どこまで進んでいるかをまとめ、後任の人にしっかりと伝えるだけです。

この記事では、退職時の引き継ぎについて以下の内容を解説していきます。

この記事でわかること
  • 退職するときに、後任の人にスムーズに仕事を渡す方法
  • 仕事の進め方や、現在の状況をわかりやすく伝えるコツ
  • 退職までサポート方法と、良い関係を保ちながら仕事を終える方法
キャリアナビ

この記事の内容を実行することで、自分も安心して新しいスタートを切ることができ、会社にも良い印象を残すことができますよ。

おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
1位2位3位3位
退職代行Jobs
退職代行jobs
退職代行モームリ
モームリ
男の退職代行
男の退職代行
わたしNEXT
わたしNEXT
弁護士法人みやび
みやび
退職110番
退職110番
弁護士法人ガイア
ガイア
退職代行OITOMA
オイトマ
退職代行ネルサポ
ネルサポ
退職代行ガーディアン
ガーディアン
運営元タイプ民間企業民間企業労働組合労働組合弁護士弁護士弁護士労働組合労働組合労働組合
正社員向け
料金(税込)
29,000円22,000円26,800円29,800円55,000円43,800円55,000円24,000円22,000円29,800円
即日退職
返金保証
転職サポート
評判・口コミ紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事
公式サイト
(外部サイト)
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
サービス名評価運営タイプ料金
(正社員)
ポイント公式サイト
1位退職代行Jobs
退職代行jobs

5.0
民間企業29,000円
(税込)
追加料金・期間制限なしでサポート

24時間365日体制で相談受付

現金翌月払いもOK
転職支援あり
詳細を見る
2位退職代行モームリ
モームリ

4.8
民間企業22,000円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

女性スタッフによる対応可能
転職支援あり
詳細を見る
3位男の退職代行
男の退職代行

4.5
労働組合26,800円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
3位わたしNEXT
わたしNEXT

4.5
労働組合29,800円
(税込)
女性特化のサービスが好評

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
目次

早期の引き継ぎ計画の立案

退職を決めたら、さっそく「次の人にバトンタッチする計画」を考える必要があります。

ここでまずやるべきは、あなたが担当している仕事の一覧を作ることです。一覧では、それぞれの仕事の進捗状況、関係者への連絡方法、今後どう進めていくべきかを明確にしましょう

そして、この仕事を誰に任せるか、どれくらい「引き継ぎ期間」が必要かを考慮して計画を立てます。

キャリアナビ

「引き継ぎ期間」は、現実にきちんと引き継ぎを完了できるだけの余裕をもって設定しましょう。

引き継ぎ計画の例

田中さんにはこのプロジェクトの途中からでも引き継げるように、まずはプロジェクトの概要と今後のスケジュールを共有しよう。

その後、具体的な作業内容については、週に一度のミーティングを設けて、少しずつ教えていこう。

このように適切な引き継ぎをすることで、業務の中断を最小限に抑え、後任者がスムーズに業務を継続できるようになります。

作業手順や進捗状況等の文書化

仕事を次の人に渡すときには、作業手順(どうやって仕事をするのか)や進捗状況(今どこまで進んでいるのか)をわかりやすく文書に書き留めておくことが大切です。

ここでは、スムーズに引き継ぎを行うための文書作りについて解説します。

引き継ぎチェックリストを作成する

まずは、もれなく引き継ぎを完了するための「引き継ぎチェックリスト」を作成し、すべての重要な項目がカバーされていることを確認できるようにしましょう。

作業マニュアルを作成する

チェックリストに従って、必要な作業の「作業マニュアル」を作成します。

これは、あなたが担当している仕事の「やり方」を書き出したもので、どんな手順で、どんなポイントに注意して作業を進めるのか、具体的に説明する文書です。

キャリアナビ

適切に作成された「作業マニュアル」があると、仕事を引き継ぐ人が、すぐにでも仕事の流れをつかむことができます。

進捗状況を明確に示す

次に、プロジェクトの「進捗状況」を示す書類を作成します。

あなたが担当している仕事が今どの段階にあるのか、どんなタスクが終わって、これから何をしなければならないのかが一目でわかるようにしましょう。

たとえば、あるプロジェクトで「資料作成は70%終わっていて、次はデータ分析に入る」という状況なら、その情報を文書にして、仕事を引き継ぐ人が、次に何をすべきかがすぐに理解できるようにすることが大切です。

これらの準備をすることで、引き継ぎがぐっと楽になりますし、新しい担当者も安心してスタートできるようになります。

キャリアナビ

仕事の引き継ぎは、こうした「見える化」がカギになるんですね。

後任者・チームメンバーとの情報共有

後任者やチームメンバーに仕事を渡す時、大切なのは「きちんと伝わっているか?」を確認することです。

ここでは、後任者・チームメンバーとの情報共有に関するポイントを見ていきましょう。

重要な情報を確実に共有する

まず、自分が担当しているプロジェクトや仕事について、以下の内容を後任者にきちんと伝えましょう。

  • キーポイントはどこか?
  • どこまで進んでいるか?
  • どんな課題が残っているのか?

このときに事前に作っておいた「作業マニュアル」や「進捗状況」を示す書類を使って説明すると、よりスムーズに理解してもらえます。

また、引き継ぎの過程で得たフィードバックを活用し、作業を改善するための提案も行うことで、職場での最終的な印象をアップさせることも大切です。

関係者への紹介と連絡先リストの共有

仕事をスムーズに進めるためには、関わる人々を知ることも大切です。

ですので、プロジェクトを続けるうえで重要な顧客や協力者の情報を、後任者にしっかり伝え、必要に応じて後任者を直接紹介しましょう。

また、重要な連絡先リストを提供し、後任者が必要な時にすぐにアクセスできるようにすることも大切です。

たとえば、次のように具体的に伝えると、後任者も安心してスタートできます。

顧客や協力者の情報共有の例

このプロジェクトでは、田中さんが大切な役割を担っており、彼とは月に一度、進捗を共有するミーティングを設けています。

連絡先はこちらです。

このように、仕事の詳細だけでなく、人と人とのつながりも大切に引き継ぐことが、スムーズな仕事の継続につながります

後任者へのトレーニングとサポート

適切な引き継ぎは、未来の職場の人間関係にも良い影響を与えます。

ここでは、後任者がスムーズに仕事を引き継ぐために必要な、トレーニングやサポートについて解説します。

手厚いサポートを提供する

後任者が不安に思わないよう、引き継ぎの間、質問事項やサポートが必要なことがあればすぐに対応しましょう。

特に難しい作業がある場合は、その部分については特に時間をかけて、実際に一緒に作業しながら教える時間を設けるなどする必要があります。

継続的なフォローアップ

引き継ぎが一段落した後も、「また、わからないことが出てきたらいつでも相談してほしい」と伝えるとともに、しばらくは様子を見るなど、必要に応じて一定のフォローアップ期間をおくと良いでしょう。

キャリアナビ

これによって、後任者やチームが安心して円滑に仕事を続けられるようになります。

退職まで全力投球

自分の退職日が近づいてきても、最後までしっかりと仕事に取り組むことが重要です。責任を持って仕事を終えることで、退職後も職場に良好な印象を残し、関係を維持することができます。

場合によっては、「退職後も1ヶ月間はメールでの質問に答えるようにしています」といったフォローアップも良いでしょう。

キャリアナビ

こうすることで、後任者も安心して仕事を引き継げ、あなたも納得して退職できるようになります。

まとめ

この記事では「退職時の適切な『引き継ぎ』プロセス」について解説しました。

記事の内容をまとめます。

この記事のまとめ
  1. 退職が決まったら、すぐに引き継ぎ計画を立てる
  2. 担当している業務の一覧を作成し、進捗状況や必要な手順を文書化する
  3. 後任者やチームメンバーに計画を共有し、重要な情報や進捗状況を伝える
  4. 必要に応じて後任者にトレーニングを提供し、引き継ぎの質を高める
  5. 引き継ぎ期間中は後任者からの質問に優先的に対応し、サポートを提供する
  6. 引き継ぎ後も一定期間フォローアップを行い、後任者を支援する
  7. 退職まで全力で仕事に取り組み、プロフェッショナルな態度を保つ

退職するとき、後任の人にスムーズに仕事を引き継ぐための準備はとても大切です。

退職までの期間を有効に使って、自分も後任者も、そしてチーム全体も安心できるようにしましょう。仕事を引き継ぐプロセスをしっかりと行うことで、退職後も良い関係を保つことができます。

退職後のお金が心配な人は『退職給付金サポート』の失業後の給付金受給サポートがおすすめ

退職したいけど、転職先が決まるまでの生活費が心配だなぁ……

女性

今の会社がブラックすぎて、退職代行サービスを使ってでも辞めたいんですが、次の仕事は決まっていないし、お金の余裕もないんです……

そんな方におすすめなのが『退職給付金サポート』の「失業後の給付金受給サポート」です。

『退職給付金サポート』は退職後の生活費の保障となる「失業手当」に加え「傷病手当金」を受給するための申請サポートサービスです。

退職後に失業保険(失業手当)を3ヶ月間だけ受給される方は多いものですが、実は、条件を満たしている方は給付金を最大28ヶ月間受給できる制度があるんです。

こういった方は、本来給付金の対象にも関わらず一人あたり数十万円~数百万円もの金額を受け取り損ねています

キャリアナビ

とはいえ、給付金の手続きは複雑で面倒なのも事実です。

その点、『退職給付金サポート』なら複雑な手続きをサポート専任スタッフがご案内!

利用を希望される方は、まずは制度やサービスの概要を知っていただくために『退職給付金サポート』をLINE登録してみてください

\ プロによる給付金の申請サポート

最大受給期間はなんと28カ月

本記事は公開時点の情報を元に作成しており、最新情報とは異なる場合があります
あらかじめご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

転職や退職は人生の大きな一歩です。不安や疑問があるのは当然のこと。そんな皆さんの悩みに寄り添い、一人一人に合った最良の解決策をご提案します。

仕事を辞めたいと思ったら、どうすればいいか。新しい職を探すにはどうしたらいいか。そんな疑問に、一緒に答えを見つけましょう。

目次