薬剤師の転職・就職は「薬剤師ナビ」をご利用ください

上司へ退職理由を面談で伝える際のコミュニケーションのポイント

当ページのリンクには広告が含まれています。
上司への退職理由の通知
女性

退職理由を上司に伝えるのが気が重いです……何にどう気をつければ良いのかわかりません。

退職を考えたときに、多くの人を悩ませるのが上司へ退職を通知する方法についてです。

スムーズで円満な退職のためにも、上司に退職を伝える際には、適切なアプローチとコミュニケーションが必要になります。

この記事では、「上司へ退職理由を通知する際のコミュニケーションのポイント」を解説します。

この記事でわかること
  • 上司に退職を伝えるための場所・時間の準備についてのポイント
  • 上司に退職を伝える際のコミュニケーションのポイント
  • 上司からの否定的な反応のリスト
おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
1位2位3位3位
退職代行Jobs
退職代行jobs
退職代行モームリ
モームリ
男の退職代行
男の退職代行
わたしNEXT
わたしNEXT
弁護士法人みやび
みやび
退職110番
退職110番
弁護士法人ガイア
ガイア
退職代行OITOMA
オイトマ
退職代行ネルサポ
ネルサポ
退職代行ガーディアン
ガーディアン
運営元タイプ民間企業民間企業労働組合労働組合弁護士弁護士弁護士労働組合労働組合労働組合
正社員向け
料金(税込)
29,000円22,000円26,800円29,800円55,000円43,800円55,000円24,000円22,000円29,800円
即日退職
返金保証
転職サポート
評判・口コミ紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事
公式サイト
(外部サイト)
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
サービス名評価運営タイプ料金
(正社員)
ポイント公式サイト
1位退職代行Jobs
退職代行jobs

5.0
民間企業29,000円
(税込)
追加料金・期間制限なしでサポート

24時間365日体制で相談受付

現金翌月払いもOK
転職支援あり
詳細を見る
2位退職代行モームリ
モームリ

4.8
民間企業22,000円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

女性スタッフによる対応可能
転職支援あり
詳細を見る
3位男の退職代行
男の退職代行

4.5
労働組合26,800円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
3位わたしNEXT
わたしNEXT

4.5
労働組合29,800円
(税込)
女性特化のサービスが好評

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
目次

直接話すか、書面で伝えるかを選ぶ

退職の意思を上司に伝える方法としては、直接話すか、書面で伝えるかを選ぶことが一般的です。

直接話す場合は、上司との面談を設定し、その場で退職の意思を伝えることが一般的です。直接話すことで、お互いの思いをしっかりと確認できます

一方、書面で伝える場合は、退職届や退職願を提出する方法です。書面で伝える場合は、冷静に言葉を選ぶことができるメリットがあります

キャリアナビ

どちらの方法を選ぶかは、自分の性格や上司との関係性を考慮して決めると良いでしょう。

以下では、面談で直接話しをする方法を解説します。

面談のスケジューリング

退職を考えたら、なるべく早めに上司に伝える準備をしましょう

キャリアナビ

これにより、後任の準備や業務の引き継ぎに余裕を持たせることができます。

社内ルールを確認する

企業には、それぞれ独自の退職手続きに関する社内ルールが存在します。

キャリアナビ

明文化されていない慣例もあるでしょう。

上司への退職通知の前には、まず社内のルールや手続きを確認し、それに従って退職手続きを進めるようにしましょう。

キャリアナビ

適切な手続きを踏むことで、円滑に退職が進められるだけでなく、上司からの信頼を損なう可能性を減らせます。

面談の場所の選び方

次に、退職の意向を伝えるための面談を設定します。この時、プライバシーが保たれ、じっくり話ができる環境を選ぶことが重要です。

キャリアナビ

個室や静かなカフェなど、周囲を気にせず話せる場所を選びましょう。

面談の時期の選び方

会社の忙しい時期や上司のスケジュールを考慮することも大切です。

大きなプロジェクトの真っ只中や締め切り直前に退職の意向を伝えると、上司だけでなく、チームメンバー全員に負担をかける可能性があります。可能ならば、プロジェクトの区切りが良い時期を選びましょう

上司の時間を尊重し、事前に「話があるので時間をとってもらえますか?」とアポイントメントも忘れずに取るようにしましょう。

面談でのコミュニケーションのポイント

次に、退職理由を伝える際に注意したいポイントを解説します。

明確な意思と感謝の表明

退職の理由は、事前準備でまとめた要点を、はっきりと短く伝えましょう

キャリアナビ

複雑に話しすぎると、相手が混乱して理解を得づらくなります。

自分のキャリアの目標や新しい挑戦を求める姿勢を前向きに伝えると、理解してもらいやすいです。

そして、これまでの経験や学んだことへの感謝を示しましょう。感情的にならず、あくまで冷静に客観的な言葉を選ぶことも大切です。

キャリアナビ

これが、退職後も良い関係を保つ秘訣です。

柔軟な対話

退職理由を伝えた後は、上司の反応や意見に注意深く耳を傾けましょう。

キャリアナビ

上司からのフィードバックや提案にオープンな姿勢を保つことが重要です。

また、交渉が必要になった場合を考慮して、退職日や引き継ぎの条件について柔軟に対応できるように準備をしておくと良いでしょう。

上司の提案に対して、自分の条件や代替案を提示することも有効です。

もし、上司が感情的な反応をしてきた場合でも、冷静に対応することが重要になります。

キャリアナビ

おちついて退職の動機や理由を丁寧に説明しましょう。

退職後の引継ぎやサポートについて話す

退職の意思を伝えた後は、退職後の引継ぎやサポートについて話すことも忘れずに行いましょう。

上司に対して、円滑な職務の引継ぎや後任の育成に協力する意思を伝えることで、上司はあなたに対しての信頼や感謝の気持ちを抱くことができます。

上司との信頼関係を損なわずに伝えるメリット

上司はあなたの仕事の指揮者であり、パフォーマンスを評価する立場にあります。退職の意思を伝えることは、上司にとっても予期せぬ出来事かもしれません。

しかし、上司に対して丁寧かつ明確に退職の意思を伝えることで、信頼関係を損なわずに関係を維持することができます。

上司との信頼関係を損なわないメリット
  1. キャリアの成長につながるチャンスを得ることができる
  2. 新たな人間関係を築くための機会を得ることができる
  3. 新たなスキルや経験を積む機会を得ることができる

キャリアの成長につながるチャンスを得ることができる

退職を伝えることは、新たなキャリアの第一歩です。

上司は、あなたの退職の理由や希望するキャリアパスに興味を持つことがあります。その際にしっかりと自身の目標や希望を伝えることで、上司はあなたが成長するためのサポートをしてくれるかもしれません

キャリアナビ

これは新たなキャリアの道を切り拓くためのチャンスとなります。

新たな人間関係を築くための機会を得ることができる

退職を伝えることは、新たな人間関係を築くためのチャンスでもあります。

退職の意思を伝えることで、同僚や部下との別れの場や交流の機会が得られる可能性があり、将来の人脈やビジネスチャンスの広がりにつながるかもしれません。

新たなスキルや経験を積む機会を得ることができる

退職を伝えることで新たなスキルや経験を積むチャンスが得られることもあります。

そのためにも、上司に退職の意思を伝える際には、自身の成長や新たなチャレンジへの意欲を示すことが重要です。

上司はあなたの退職によって生じる穴埋めのために、新たなスキルや経験を得る機会を提供してくれることがあるかもしれません。

上司へ退職を伝える際の注意点

上司に退職を伝える際、一番の懸念は上司の反応が予測できないことです。

理解を示してくれる上司もいれば、驚きや怒りを示す上司もいます。

予め上司の反応を予測することは難しいため、以下の点についてはある程度覚悟しておく必要があります。

上司へ退職を伝える際の注意点
  1. 不快な反応を示す上司もいる
  2. 上司の不信感が生まれる
  3. 上司との信頼関係が揺らぐことがある
  4. 一度揺らいだ信頼関係の修復は難しい
  5. 人間関係や仕事の効率の変化が起こる

不快な反応を示す上司もいる

上司によっては退職の意向を受け入れてくれない場合もあります。

これは特に上司との関係が悪い場合や、退職の影響が大きいプロジェクトに関わっている場合に起こりやすいです。

このような場合、上司は不快な反応を示し、関係が悪化する可能性があります。

上司の不信感が生まれる

退職を伝えることで、上司の不信感が生まれる場合もあります。

上司は部下の退職を受け入れることで、なぜ退職するのか、将来に対する計画はあるのかといった疑問を抱くことがあり、上司との関係を考えると、退職理由を共有することが望ましいのは言うまでもありません。

しかし、退職理由が個人的なものであったり、他の社員には知られたくないものであったりする場合もあります。

このような場合は、退職理由の共有が難しいことをうまく伝える必要がありますが、場合によっては上司は部下に対する信頼を失ってしまうこともあります。

上司との信頼関係が揺らぐことがある

上司に退職を伝えることで、上司との信頼関係が揺らいでしまうこともあります。

上司は部下の退職を受け入れることで、自身の業績や管理能力にも影響が出る可能性があります。そのため、上司は退職を受け入れることに消極的な態度を示すこともあります

このような場合、部下と上司の信頼関係は揺らぐことになります。

一度揺らいだ信頼関係の修復は難しい

上司との信頼関係が揺らいでいる場合、その信頼関係を修復することは容易ではありません

信頼関係の修復には時間と努力が必要であり、その後の就職活動や転職活動、また、退職後の新しい職場での評価にも影響が残る可能性があります。

そのため、退職を伝える際には慎重に考える必要があります。

人間関係や仕事の効率の変化が起こる

退職を伝えることで人間関係の変化が起こることもあります。

上司や同僚との関係が良好であった場合でも、退職を伝えることで距離感が生まれることもあるでしょう。

上司は部下との関係を重視している場合でも、退職を伝えることで距離を置く傾向になることがありますし、同僚は仕事の負担が増えることやチームの雰囲気が変わることに不安を感じる場合もあります。

これにより、以前よりも上司や同僚とのコミュニケーションが減少し、仕事の効率やチームの雰囲気にも影響を及ぼす可能性があります

まとめ

この記事では「上司へ退職理由を伝える際のコミュニケーションのポイント」について解説しました。

記事の内容をまとめます。

この記事のまとめ
  • 退職を決意したら、なるべく早急に上司に伝える
  • プライバシーが保たれじっくり話せる場所と、上司の都合に合わせた時間を選ぶ
  • 退職理由は明確にかつ、感情的にならず冷静に伝える
  • 上司からのフィードバックや交渉にはできる範囲で柔軟に対応する
  • 上司とのコミュニケーションの成功は、キャリアや人間関係のチャンスになる
  • 中には驚きや怒りを示す上司もいることを覚悟する

上司に退職理由を伝えることは、退職のプロセスにおいて最重要のポイントです。

上司からはさまざまな反応が予想されますが、冷静かつ相手を尊重した対応を心がけましょう。

そして、退職の意志を固く持ちつつも、ある程度の柔軟性も見せることで、これまでの関係を大切にする姿勢を示しましょう。

退職後のお金が心配な人は『退職給付金サポート』の失業後の給付金受給サポートがおすすめ

退職したいけど、転職先が決まるまでの生活費が心配だなぁ……

女性

今の会社がブラックすぎて、退職代行サービスを使ってでも辞めたいんですが、次の仕事は決まっていないし、お金の余裕もないんです……

そんな方におすすめなのが『退職給付金サポート』の「失業後の給付金受給サポート」です。

『退職給付金サポート』は退職後の生活費の保障となる「失業手当」に加え「傷病手当金」を受給するための申請サポートサービスです。

退職後に失業保険(失業手当)を3ヶ月間だけ受給される方は多いものですが、実は、条件を満たしている方は給付金を最大28ヶ月間受給できる制度があるんです。

こういった方は、本来給付金の対象にも関わらず一人あたり数十万円~数百万円もの金額を受け取り損ねています

キャリアナビ

とはいえ、給付金の手続きは複雑で面倒なのも事実です。

その点、『退職給付金サポート』なら複雑な手続きをサポート専任スタッフがご案内!

利用を希望される方は、まずは制度やサービスの概要を知っていただくために『退職給付金サポート』をLINE登録してみてください

\ プロによる給付金の申請サポート

最大受給期間はなんと28カ月

本記事は公開時点の情報を元に作成しており、最新情報とは異なる場合があります
あらかじめご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

転職や退職は人生の大きな一歩です。不安や疑問があるのは当然のこと。そんな皆さんの悩みに寄り添い、一人一人に合った最良の解決策をご提案します。

仕事を辞めたいと思ったら、どうすればいいか。新しい職を探すにはどうしたらいいか。そんな疑問に、一緒に答えを見つけましょう。

目次