薬剤師の転職・就職は「薬剤師ナビ」をご利用ください

退職代行を利用すると恨まれる?その理由と解決方法を紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
退職代行サービスを利用すると恨まれる?
男性

今の職場を辞めたいんだけど、なかなか自分からは言い出せない……
でも、退職代行サービスを使ったら、恨まれたりしないかな?

女性

上司が怖くて退職を切り出せません。
でも、退職代行サービスを使うと恨まれそうで怖いです。

「退職代行サービスを利用すると恨まれるのではないか?」という話題はよく耳にします。

実際に、退職代行サービスを利用したことでトラブルに発展する事例も少なくありません

この記事では、「退職代行サービスを利用するとなぜ恨まれるのか?」その理由と実際の事例を紹介し、どうすればそのような状況を避けられるかを解説していきます。

この記事でわかること
  • 退職代行サービスを利用すると、なぜ恨まれることがあるのか?
  • 退職代行サービスを利用して恨まれることのデメリットは?
  • 退職代行サービスを利用しても恨まれないためのポイント
キャリアナビ

この記事の内容を理解しておけば、安心して退職代行サービスを利用しやすくなります。

おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
1位2位3位3位
退職代行Jobs
退職代行jobs
退職代行モームリ
モームリ
男の退職代行
男の退職代行
わたしNEXT
わたしNEXT
弁護士法人みやび
みやび
退職110番
退職110番
弁護士法人ガイア
ガイア
退職代行OITOMA
オイトマ
退職代行ネルサポ
ネルサポ
退職代行ガーディアン
ガーディアン
運営元タイプ民間企業民間企業労働組合労働組合弁護士弁護士弁護士労働組合労働組合労働組合
正社員向け
料金(税込)
29,000円22,000円26,800円29,800円55,000円43,800円55,000円24,000円22,000円29,800円
即日退職
返金保証
転職サポート
評判・口コミ紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事
公式サイト
(外部サイト)
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
サービス名評価運営タイプ料金
(正社員)
ポイント公式サイト
1位退職代行Jobs
退職代行jobs

5.0
民間企業29,000円
(税込)
追加料金・期間制限なしでサポート

24時間365日体制で相談受付

現金翌月払いもOK
転職支援あり
詳細を見る
2位退職代行モームリ
モームリ

4.8
民間企業22,000円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

女性スタッフによる対応可能
転職支援あり
詳細を見る
3位男の退職代行
男の退職代行

4.5
労働組合26,800円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
3位わたしNEXT
わたしNEXT

4.5
労働組合29,800円
(税込)
女性特化のサービスが好評

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
目次

そもそも退職代行サービスとは?

退職代行サービス」は、会社を辞めたいけれども自分で言い出しにくい人のために、次のような退職手続きを代わりに行ってくれるサービスです。

  1. 退職の意思表示:本人に代わって、会社に退職の意思を伝えます
  2. 退職手続きの代行:退職届の提出や必要な手続きを代行します
  3. 退職後のフォロー:退職後に必要な書類の受け取りや確認をサポートします

たとえば、退職の意思を直接上司や会社に伝えることが難しい場合、退職代行サービスを利用することで精神的なストレスを減らせます。

また、プロのサービスなので、スムーズに退職手続きを進めることができ、労働法に詳しい専門家が対応するため、法律に則った適切な手続きを確実に行えます。

キャリアナビ

場合によっては、退職時のトラブルや未払い賃金の交渉もサポートしてくれます。

このように、退職代行サービスを利用することで、退職の際のストレスや手間を大幅に軽減できるため、多くの人にとって助けになるサービスです。

退職代行サービスを利用すると恨まれる3つの理由

では、退職代行サービスを利用して退職することがなぜ問題視されるのでしょうか?

キャリアナビ

主な理由は次の3つです。

退職代行サービスを利用すると恨まれる3つの理由
  • コミュニケーションの欠如
  • 信頼関係の崩壊
  • 会社へあたえる損害

コミュニケーションの欠如

退職代行サービスを利用すると、従業員が直接上司や人事部と話す機会がなくなります。

このため、会社側は従業員の本当の退職理由や心境を知るチャンスを失います

キャリアナビ

例えば、Aさんが退職代行サービスを使って退職した場合、Aさんの直属の上司は、Aさんが不満を持っていることに気づかないでしょう。

結果として、多くの従業員がAさんの直属の上司に対して改善すべきと思っている点が見過ごされることになりかねません。

これは、残った従業員にとってマイナスになることがあります。

信頼関係の崩壊

従業員が会社に一言も告げずに退職手続きを進めると、その行動によって、他の従業員や上司の負担が急に増加することになります。

これは特に、チームで密接に協力している職場では大きな問題です。

たとえば、Bさんが退職代行サービスを利用して急な退職をしたことで、残った従業員の負担が増えるとともに、結果的にプロジェクトが遅延することになれば、Bさんは信頼を大きく損ねることになるでしょう。

キャリアナビ

実際に負担が増えなくても、「負担が増える」と思われるだけでも信頼感は下がるものです。

会社へあたえる損害

重要なプロジェクトの途中や、大きな商談の途中で退職代行を利用して引き継ぎも無いまま辞めると、周囲の関係者から恨まれることがあります。

最悪の場合は、損害賠償を請求される可能性も……。

キャリアナビ

とはいえ、退職代行サービスを利用して退職をしたせいで損害賠償を請求されるケースはほとんどないので、安心してください。

万が一、会社側から「損害賠償を請求する」と言われても、実際に請求されることはほとんどありません

なぜならば、あなたが退職代行を利用して退職したことで、会社が不利益を被ったことを証明するのが難しいからです。

女性

でも「損害賠償を請求する」なんて言われたら本当に裁判になりそうで怖いです。

そうならないためにも、重要なプロジェクトの途中や大きな商談の途中では、引き継ぎ書を作成しておいたり、関係者に情報を共有したりすることで、退職の影響を最小限に抑えるようにしておくと良いでしょう。

退職代行サービスを利用して恨まれるデメリット

退職代行サービスを利用して恨まれると、以下のようなデメリットがあります。

退職代行サービスを利用して恨まれるデメリット
  • 職場内の人間関係の悪化
  • 法的リスクや責任の問題
  • 未来の雇用機会への影響

職場内の人間関係の悪化

退職代行サービスを利用して、直接対話を避けて退職を進めることは、協調性や誠実さを疑われる原因となり、社会人としての人間関係の維持に支障をきたすことがあります

キャリアナビ

結果的に、元の職場の同僚や上司からの評判が悪くなることがあります。

法的リスクや責任の問題

退職手続きにおいて重要な情報の伝達が適切に行われなかった場合、未払いの給料や有給休暇の処理など、後々法的なトラブルに発展するリスクがあります

キャリアナビ

退職代行サービスがすべての責任を負うわけではないため、個人が直面する可能性のある問題を理解しておく必要があります。

未来の雇用機会への影響

日本ではまだ新しい文化である退職代行ですが、使用することで「トラブルメーカー」と見なされることもあります。

結果的に、将来的に転職活動をする際、市場での評価が低くなるリスクがあります

もちろん、前職での退職方法について面接等で正直に話す必要はありませんが、世間は意外と狭く、特にニッチな業界内では噂が広まることも少なくありません

キャリアナビ

たとえば、Cさんが退職代行サービスを利用したことが広まり、他の企業からの信用を失う可能性があります。

退職代行サービスを利用しても恨まれない3つのポイント

では、退職代行サービスを利用する場合に恨まれることなく、スムーズに退職するためにはどうすればよいでしょうか。

いくつかのポイントが考えられます。

退職代行サービスを利用しても恨まれない3つのポイント
  • 事前のコミュニケーション
  • 退職のタイミング
  • アフターケアの利用

事前のコミュニケーション

退職を決意したら、可能な限り直接上司との面談を設け、退職の意向と理由を誠実に伝えることが大切です。

それにより、双方にとって納得のいく形での退職が可能になります。

キャリアナビ

ただし、パワハラを受けていたり、日頃からモラルにかける態度をとる上司の場合、冷静なコミュニケーションを取るのは難しいでしょう。

そういった場合は、心身の健康を優先し、退職代行サービスの利用を検討することをおすすめします。

退職のタイミング

プロジェクトの重要な時期や、他の従業員が休暇を取っている時期など、会社にとって負担が大きくなるタイミングでの退職は避けるべきです。

キャリアナビ

タイミングを考慮することで、周囲との関係も円滑に保てます。

アフターケアの利用

どうしても退職代行サービスを利用しなければいけない場合、退職代行サービスの中には、退職後のフォローアップや引き継ぎのサポートをしてくれるところもあります。

キャリアナビ

このようなサービスを活用して、将来的なキャリアパスを安全に築くためのアドバイスを求めることも一つの手です。

まとめ

この記事では「退職代行を利用すると恨まれる?その理由と解決方法を紹介」について解説してきました。

記事の内容をまとめます。

この記事のまとめ
  • 退職代行を使うと、直接対話を避けたと見なされ、同僚や上司から信頼を失う可能性がある
  • 急な退職により、他の従業員や上司の負担が急に増加することで悪い印象を残すことになる
  • 退職代行サービスを利用する場合に、恨まれることなくスムーズに退職するためには、事前のコミュニケーションや退職のタイミングの考慮が必要
  • 場合によっては、退職後のフォローアップや引き継ぎサポートをしてくれる退職代行サービスを選ぶ

退職代行サービスは便利ですが、利用する際にはその影響をよく考慮し、計画的に手続きを進めることが求められます。

周囲を尊重し自分のキャリアにも責任を持つことで、より良い職場環境と、あなた自身の未来のキャリアが築かれることでしょう。

退職後のお金が心配な人は『退職給付金サポート』の失業後の給付金受給サポートがおすすめ

退職したいけど、転職先が決まるまでの生活費が心配だなぁ……

女性

今の会社がブラックすぎて、退職代行サービスを使ってでも辞めたいんですが、次の仕事は決まっていないし、お金の余裕もないんです……

そんな方におすすめなのが『退職給付金サポート』の「失業後の給付金受給サポート」です。

『退職給付金サポート』は退職後の生活費の保障となる「失業手当」に加え「傷病手当金」を受給するための申請サポートサービスです。

退職後に失業保険(失業手当)を3ヶ月間だけ受給される方は多いものですが、実は、条件を満たしている方は給付金を最大28ヶ月間受給できる制度があるんです。

こういった方は、本来給付金の対象にも関わらず一人あたり数十万円~数百万円もの金額を受け取り損ねています

キャリアナビ

とはいえ、給付金の手続きは複雑で面倒なのも事実です。

その点、『退職給付金サポート』なら複雑な手続きをサポート専任スタッフがご案内!

利用を希望される方は、まずは制度やサービスの概要を知っていただくために『退職給付金サポート』をLINE登録してみてください

\ プロによる給付金の申請サポート

最大受給期間はなんと28カ月

本記事は公開時点の情報を元に作成しており、最新情報とは異なる場合があります
あらかじめご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

転職や退職は人生の大きな一歩です。不安や疑問があるのは当然のこと。そんな皆さんの悩みに寄り添い、一人一人に合った最良の解決策をご提案します。

仕事を辞めたいと思ったら、どうすればいいか。新しい職を探すにはどうしたらいいか。そんな疑問に、一緒に答えを見つけましょう。

目次