薬剤師の転職・就職は「薬剤師ナビ」をご利用ください

『退職のリスクと対処方法』仕事を辞める前に知りたい内容を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
女性

退職したらキャリアにブランクができるのが心配……。再就職するときに不利にならないかな?

男性

新しい技術やトレンドを追いかける自信がなくて、仕事を辞めるべきか迷っています。取り残されないかな……。

仕事を辞める決断は、職業人生の大きな転機となります。

明るい未来や新しい可能性にばかり目を向けがちですが、退職のリスクも理解しておくことはとても重要です。

この記事では、仕事を辞める際に考慮するべきリスクを掘り下げ、どう対処すればよいかを解説します。

この記事でわかること
  • 仕事を辞める際の主なリスク
  • リスクの乗り越え方・対処方法
  • 新しい生活への適応方法
キャリアナビ

退職にともなうリスクを事前に理解し準備しておくことで、安心して退職に踏み出すことができます。

おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
1位2位3位3位
退職代行Jobs
退職代行jobs
退職代行モームリ
モームリ
男の退職代行
男の退職代行
わたしNEXT
わたしNEXT
弁護士法人みやび
みやび
退職110番
退職110番
弁護士法人ガイア
ガイア
退職代行OITOMA
オイトマ
退職代行ネルサポ
ネルサポ
退職代行ガーディアン
ガーディアン
運営元タイプ民間企業民間企業労働組合労働組合弁護士弁護士弁護士労働組合労働組合労働組合
正社員向け
料金(税込)
29,000円22,000円26,800円29,800円55,000円43,800円55,000円24,000円22,000円29,800円
即日退職
返金保証
転職サポート
評判・口コミ紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事
公式サイト
(外部サイト)
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
サービス名評価運営タイプ料金
(正社員)
ポイント公式サイト
1位退職代行Jobs
退職代行jobs

5.0
民間企業29,000円
(税込)
追加料金・期間制限なしでサポート

24時間365日体制で相談受付

現金翌月払いもOK
転職支援あり
詳細を見る
2位退職代行モームリ
モームリ

4.8
民間企業22,000円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

女性スタッフによる対応可能
転職支援あり
詳細を見る
3位男の退職代行
男の退職代行

4.5
労働組合26,800円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
3位わたしNEXT
わたしNEXT

4.5
労働組合29,800円
(税込)
女性特化のサービスが好評

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
目次

退職による「お金のリスク」と対応方法

仕事を辞めることは、収入源の喪失を意味します。つまり、生活のためのお金が手に入らなくなります

そのため、退職を決断する際には「お金に関するリスク」を十分に理解し、準備しておくことが必要です。

「緊急時資金」の用意をしておく

仕事を辞めるということは、毎月もらえる給料がなくなるということです。

キャリアナビ

家賃や食費など必要な生活費を考えると、心配になりますよね。

では、どうするかというと、お金が入ってこない間は、今まで貯めていたお金を使うことになります。

できれば、何か急な出費が必要になった時のために、生活費の3から6ヶ月分のお金は手元に置いておくと安心です。これが、いわゆる「緊急時資金」です。

生活費の見直し

しかし、貯金がそれほどない人も多いでしょう。その場合は毎月の出費を見直す必要があります。

余分な出費を減らして、本当に必要なものだけにお金を使うこと、また、退職金や失業手当があるなら、そのお金をどう使うか計画を立てましょう

例えば、退職金をもらったら「半分は新しい仕事を探す間の生活費に、もう半分は将来のために貯金する」など、いざという時に困らないよう計画的にお金を使うことが大切です。

保有資産の棚卸しと固定費の見直し

また、保有資産を棚卸しするとともに、毎月の固定費(電気・ガス・家賃など)を見直しましょう。

キャリアナビ

この際、保険や福利厚生のことも忘れてはいけません。

会社を辞めると、健康保険や退職金制度など、会社からのサポートがなくなるため、自分で各種保険に加入する必要がでてきます。

キャリアナビ

必要な保険に加入する方法も、早めに情報を集めておくと安心です。

臨時の収入減を確保する

次に、生活のための臨時の収入減の確保を考えましょう。

キャリアナビ

パートタイムの仕事や、自分のスキルを活かしたフリーランスの仕事、コンサルティングなど、自分に合った方法を探すのがいいですね。

「自分には何も特別な能力なんて無い…」という方でも、たとえば、得意なことを生かしてネットでサービスを提供したり、地元コミュニティで教室を開いたり、アイデア次第で色々な道が開けるものです。

新しいキャリアに向けた計画を立てる

そして、退職後のキャリアについても考えておきましょう。新しい仕事を見つけるための計画をしっかり立てて、目標を設定します。

キャリアナビ

たとえば「半年以内には再就職する」というように具体的に決めてみましょう。

仕事を辞めるという大きな変化は、財務面でいろいろと考えることが増えます。しっかり計画を立てて、一歩一歩進めていき、不安を少しずつ減らしていきましょう。

退職による「キャリアアップのリスク」と対応方法

退職は、キャリアパスに大きな影響を与える決断です。

キャリアナビ

長期的な目標への影響を慎重に考え、理解しておく必要があります。

「キャリアパスの中断」による影響と対処方法

仕事を辞めることを考えた時、お金のことばかりが頭に浮かぶかもしれませんが、キャリアパスへの影響を考えることも大切です。

長く仕事から離れてしまうと、自分の専門スキルや知識が古くなってしまうことがあります。

キャリアナビ

たとえば、IT業界のような日進月歩の世界では、少し目を離すと最新の技術から取り残されてしまうかもしれません。

また、仕事を通じて新しいスキルを身につけたり、人脈を広げたりする機会がなくなるため、仕事を再開しても、以前よりキャリアを進めるのが難しくなることもあります。

ですが、このようなリスクを回避する方法はあります。

たとえば、仕事を離れている間も、専門のオンラインコースで学んだり、関連する書籍を読んだりして知識をアップデートできます。

また、業界のネットワークに参加したり、セミナーに参加したりすることで、人脈を維持し最新のトレンドをキャッチアップすることも可能です。

仕事を辞めることは、キャリアパスにとってマイナスな面もありますが、その間も自己成長を続けることで、再就職の際に以前よりも魅力的な候補者になることができるのです。

「機会の損失」の影響と対処方法

仕事を辞めるという選択は、単に今の職場を去るということだけでなく、昇進やキャリアアップのチャンスを逃すことにもなりえます

たとえば、もし今いる職場で頑張っていれば、近い将来に昇進の可能性があったかもしれません。

キャリアナビ

辞めてしまえば、そのチャンスを棒に振ることになります。

さらに、職場の人たちや業界内で築いてきた大切な人的ネットワークも失うことになります

人的ネットワークは、新しい仕事を見つける時やキャリアアップを目指す時に役立ちますが、仕事を辞めてしまうと、人とのつながりを維持するのが難しくなり、将来的に素晴らしいチャンスを逃すかもしれません。

キャリアナビ

もちろん対策はあります。

たとえば、FacebookLinkedInなどのSNSを活用して、以前の同僚や業界の人たちとの関係を保つことが可能です。また、業界のイベントやセミナーに参加し続けることで、新しい人との出会いを増やし、ネットワークを広げることもできます。

そうしたネットワークが、将来のキャリアアップにつながることもあるのです。

「将来の就職活動」への影響

仕事を辞めるとき、将来の就職活動への影響もよく考えておきたいポイントです。

特に、職歴に長いブランクができると、次に仕事を探すときに履歴書でその期間をどう説明するかが問題になります。この「ギャップ」は、採用担当者にとって気になるポイントの一つで、なぜその期間働いていなかったのか、しっかりとした理由を求められることがあります。

さらに、長期間仕事から離れていると、その間に業界や市場が大きく変わっていることもあります。新しい技術が登場していたり、求められるスキルセットが変わっていたりするため、再就職する際にはそれらを学び直す必要があるかもしれません。

これらの変化に対応するためには、積極的に学習を続け、スキルアップする姿勢が重要です。

キャリアナビ

では、これらの課題にどう対処すればよいでしょうか?

一つの方法は、仕事を辞めている間も、関連する分野での勉強を続けたり、資格を取得したりすることです。

また、ボランティア活動やパートタイムの仕事、インターンシップなどを通じて、職歴のギャップを有意義なものに変えることも可能です。

キャリアナビ

これらの経験は、再就職時にあなたの積極性や学習意欲をアピールする材料になります。

仕事を辞めることには様々なリスクが伴いますが、計画的に行動し、常に自己成長を目指すことで、これらの課題を乗り越えることは十分可能です。

退職による「社会的・心理的影響へのリスク」と対応方法

仕事を辞めることで起こるのは、単に職業の変化だけではありません。

退職は、社会的・心理的な面にも大きな影響をあたえ、自身のアイデンティティや日常生活のリズムにも変化をもたらします。

社会的繋がりの喪失

仕事を辞めるとき、お金やキャリアだけでなく、社会的なつながりを失うことも大きな問題です。

職場はただ働く場所なだけでなく、同僚や顧客との日々のやりとりを通じて、人間関係を築く場でもあります。退職すると、これらの日常的な交流がなくなり孤立感を感じやすくなるのです。

さらに、職場は新しい人と知り合うチャンスがある場所でもあります。

いままでも、プロジェクトや業界イベント等を通じて、新しいネットワークを築くチャンスがあったでしょう。

退職により、これらのチャンスが減ることで将来のキャリアに対する選択肢が狭まることも考えられます。

キャリアナビ

しかし、これに対する対策もあります。

例えば、職場を離れた後も、旧友や業界関係者とのコンタクトを維持することが重要です。SNSや業界団体、地域コミュニティの活動に参加することで、社会的な繋がりを保つことができます。

また、新しい趣味やボランティア活動に参加することで、新しい友人を作るチャンスも生まれます。

退職後の社会的孤立は避けたいものですが、積極的に外に出て、新しい人との繋がりを作る努力をすることで、そのリスクを最小限に抑えることが可能です。

キャリアナビ

社会的なつながりは、心の健康にとって非常に大切なものですから、手を伸ばしてみる価値は十分にあります。

アイデンティティの変化

多くの人にとって職業は自分のアイデンティティ、つまり「自分は何者か」という認識の重要な部分を形作っています

職場を離れるということは、この職業によるアイデンティティを再考し、自分自身を新たな視点から見つめ直すチャンスです。

自分の価値観や興味が何であるか、本当に達成したい目標は何かを深く掘り下げてみてください。職業に縛られない自由から、新しい自己理解を得ることができるでしょう。

たとえば、これまでのキャリアでは追求できなかった興味や、仕事以外での情熱を探求することができるかもしれません。

キャリアナビ

このような変化は、人生の新たな道を提供してくれます。

新しいアイデンティティを探求する過程で、自分が何を大切にし、何に価値を見出すのかについての深い理解を得ることができるでしょう。

そのためには、自己反省の時間を持つこと、信頼できる友人や家族、場合によってはプロフェッショナルなカウンセラーと話すことが有効です。

また、新しい活動や趣味に挑戦することも、自分自身の新しい側面を発見する素晴らしい方法といえます。

まとめ

この記事では「仕事を辞める前に知っておきたいリスクと対処方法」について紹介しました。

記事の内容をまとめます。

この記事のまとめ
  1. 収入源の喪失とその影響
    • 定期的な収入が停止し、生活費の捻出が困難に
    • 貯蓄への依存が必要になり、財務的なプレッシャーが増加
  2. 生活費の管理
    • 生活費の予算を見直し、不必要な出費を削減
    • 緊急時資金の準備と収入の代替策を検討
  3. 長期的な財務計画
    • 退職後のキャリア計画の立案
    • 投資と節約の重視、保険と福利厚生の確認
  4. キャリア進路の中断
    • 専門スキルの退化とキャリアの運動量の喪失に対処
  5. 機会の損失
    • 昇進の機会とネットワークの断絶が生じる可能性
  6. 将来の就職活動への影響
    • 履歴書のギャップと再就職の難易度に備える
  7. 社会的繋がりの喪失
    • 職場コミュニティからの離脱とネットワーキング機会の減少
  8. アイデンティティの変化
    • 職業アイデンティティの再考と新しい自己理解
  9. 心理的な影響
    • 感情的な挑戦と自尊心の問題、新しい日常生活の構築

退職は重要なキャリア上の決断であり、リスクを十分に理解し、慎重に対処することが重要です。

一方で、退職は新しいスタートであり、適切な準備をすることで、その新しい道をより確かなものにすることができます。

退職後のお金が心配な人は『退職給付金サポート』の失業後の給付金受給サポートがおすすめ

退職したいけど、転職先が決まるまでの生活費が心配だなぁ……

女性

今の会社がブラックすぎて、退職代行サービスを使ってでも辞めたいんですが、次の仕事は決まっていないし、お金の余裕もないんです……

そんな方におすすめなのが『退職給付金サポート』の「失業後の給付金受給サポート」です。

『退職給付金サポート』は退職後の生活費の保障となる「失業手当」に加え「傷病手当金」を受給するための申請サポートサービスです。

退職後に失業保険(失業手当)を3ヶ月間だけ受給される方は多いものですが、実は、条件を満たしている方は給付金を最大28ヶ月間受給できる制度があるんです。

こういった方は、本来給付金の対象にも関わらず一人あたり数十万円~数百万円もの金額を受け取り損ねています

キャリアナビ

とはいえ、給付金の手続きは複雑で面倒なのも事実です。

その点、『退職給付金サポート』なら複雑な手続きをサポート専任スタッフがご案内!

利用を希望される方は、まずは制度やサービスの概要を知っていただくために『退職給付金サポート』をLINE登録してみてください

\ プロによる給付金の申請サポート

最大受給期間はなんと28カ月

本記事は公開時点の情報を元に作成しており、最新情報とは異なる場合があります
あらかじめご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

転職や退職は人生の大きな一歩です。不安や疑問があるのは当然のこと。そんな皆さんの悩みに寄り添い、一人一人に合った最良の解決策をご提案します。

仕事を辞めたいと思ったら、どうすればいいか。新しい職を探すにはどうしたらいいか。そんな疑問に、一緒に答えを見つけましょう。

目次