薬剤師の転職・就職は「薬剤師ナビ」をご利用ください

ブラック企業からの退職・転職を成功させる方法を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
ブラック企業からの退職・転職を成功させる方法を解説
男性

今働いているブラック企業から転職したいけど、どうすればいいんだろう……

女性

職場の雰囲気が悪くてストレスがたまります。どうすれば、こんな状況から抜け出せるんでしょうか?

「ブラック企業」と耳にするとネガティブなイメージが強いですよね。過酷な労働時間、ちゃんとした給料がもらえない、職場の雰囲気が悪い…。

こんな状況から抜け出したいと考えている人も多いでしょう。

そこで、この記事では不幸にしてブラック企業に就職してしまった人が、どのように転職すれば良いかについて解説していきます。

この記事でわかること
  • ブラック企業とどんなもので、なぜ発生するのか?
  • ブラック企業から退職する方法
  • ブラック企業から転職するコツ
おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
1位2位3位3位
退職代行Jobs
退職代行jobs
退職代行モームリ
モームリ
男の退職代行
男の退職代行
わたしNEXT
わたしNEXT
弁護士法人みやび
みやび
退職110番
退職110番
弁護士法人ガイア
ガイア
退職代行OITOMA
オイトマ
退職代行ネルサポ
ネルサポ
退職代行ガーディアン
ガーディアン
運営元タイプ民間企業民間企業労働組合労働組合弁護士弁護士弁護士労働組合労働組合労働組合
正社員向け
料金(税込)
29,000円22,000円26,800円29,800円55,000円43,800円55,000円24,000円22,000円29,800円
即日退職
返金保証
転職サポート
評判・口コミ紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事
公式サイト
(外部サイト)
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
サービス名評価運営タイプ料金
(正社員)
ポイント公式サイト
1位退職代行Jobs
退職代行jobs

5.0
民間企業29,000円
(税込)
追加料金・期間制限なしでサポート

24時間365日体制で相談受付

現金翌月払いもOK
転職支援あり
詳細を見る
2位退職代行モームリ
モームリ

4.8
民間企業22,000円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

女性スタッフによる対応可能
転職支援あり
詳細を見る
3位男の退職代行
男の退職代行

4.5
労働組合26,800円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
3位わたしNEXT
わたしNEXT

4.5
労働組合29,800円
(税込)
女性特化のサービスが好評

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
目次

そもそも「ブラック企業」って何?

「ブラック企業」という言葉は、日本の労働環境において特定の問題を抱えた企業を表します。

ブラック企業は、労働者の権利を侵害し、適切な労働条件を提供しない企業であり、次のような特徴をもっています。

ブラック企業の特徴
  • 過度な労働時間
  • 適切な賃金や手当の不払い
  • 健康や安全への無視
  • 権利の侵害
  • 雇用契約の不透明さ

過度な労働時間

ブラック企業の代表的な問題の一つが、長時間労働です。

朝早くから夜遅くまで、時には休日出勤も強いられることも。法律では労働時間に上限が定められていますが、これを無視して働かせることは違法行為にあたります。

適切な賃金や手当の不払い

ブラック企業は、労働者に対して働いた分の給料や残業代をきちんと支払わない会社もあります。

本来は、残業代は法律で定められた金額を支払う必要がありますから、これも違法です。

健康や安全への無視

ブラック企業では、従業員の健康や安全に対する配慮が不十分な場合が多いです。

過度なストレスや、安全対策がされていない職場での労働は、精神的、身体的な健康を害する可能性があります。

権利の侵害

残念ながら、ブラック企業では従業員の権利を無視することがあります。不当な扱いやいじめなど、職場内での人間関係に問題があることもあります。

雇用契約の不透明さ

ブラック企業では、雇用契約や労働条件が不透明で、労働者が適切な情報を得られないことがあります。

雇用契約や労働条件が不透明なところでは、自分の立場を守るのが難しくなります。契約内容をしっかりと理解し、不明点は質問することが重要です。

ブラック企業の発生要因

ブラック企業の発生については、以下のような要因が影響を与えることがあるため、これらの業種や業界で問題が顕著に現れることがあります。

ブラック企業の発生要因
  • 労働力供給と需要のバランス
  • 競争の激化
  • 業種特有の労働条件
  • 規制や監督の不備

労働力供給と需要のバランス

労働市場における供給と需要のバランスは、ブラック企業の発生に大きく影響します

たとえば、特定の業種や職種で労働力の需要が高く、その供給が追いつかない場合、労働者は職を選ぶ余地が少なくなります

このような状況では、労働条件が良くない企業で働かざるを得ない場合があり、問題が顕著になりやすいのです。

競争の激化

業界内の競争が激しい場合、企業はコスト削減を追求するあまり、労働条件の悪化を招くことがあります。

コスト削減の一環として人件費を抑えようとすると、結果的に労働者の過重労働や低賃金の問題が生じ、ブラック企業化のリスクが高まります。

業種特有の労働条件

医療業界や建設業界のように、本質的に労働時間が長くなりがち、または労働条件が過酷になりやすい業種も存在します。

これらの業界では、ブラック企業の問題がより顕著になりがちです。

コラム:不動産業や自動車販売業はブラック企業が多い

不動産業や自動車販売業も、ブラック企業の存在が多いことで知られています。

これらの分野では、競争が激しく、企業は売上目標を達成し続ける必要があるため、従業員に対して過度な業績プレッシャーや長時間労働を課すケースが多く見受けられます。

特に不動産業界では、売却物件の取得から成約までのプロセスが複雑で時間がかかるため、従業員には長時間労働が強いられることがあります。

さらに、これらの業界では報酬体系が売り上げに直結し、歩合制の雇用条件が一般的です。

このため、従業員は自分の収入を安定させるために、売上を上げ続けるプレッシャーを感じることがあります。

このような労働条件が、労働者の精神的なストレスや過労を引き起こし、健康問題や家庭生活への影響を及ぼすことも少なくありません。

規制や監督の不備

「労働基準法」や「労働安全衛生法」の適切な監督や実施が不十分な業界では、ブラック企業が生じやすくなります。

規制が緩い、または実効性のある監督が行われていない状況では、企業が労働法規を無視して労働者を不当に扱うケースが発生しやすくなります

これらの要因を理解し、どのようにこれらの問題に対処していくかが、ブラック企業から転職を考える際に重要なポイントになります。

キャリアナビ

自分が働く業界の状況を把握し、より良い労働環境を求めて転職活動を進めましょう。

コラム:ブラック企業を許さないしくみづくり

これらの問題に対処するために、日本政府は労働基準法や労働安全衛生法などの法律を制定しています。

ただし、上でも書いたように適切な監督や実施が不十分な業界では、労働法規を無視するブラック企業が生じやすくなります。

労働組合や労働者団体も、ブラック企業に対抗し、労働者の権利を守るために活動していますが、まだまだ後手に回ることも多くなっています。

ブラック企業の存在は、労働市場における社会的な問題であり、適切な監督と対策が必要です。

ブラック企業を円満に退職するには

ブラック企業を辞める際、以下のポイントに注意することが大切です。

ブラック企業を円満に退職するには
  • 冷静なコミュニケーション
  • 退職のタイミングを入念に検討
  • 感謝の意を表す
  • どうしても辞められない場合は、「退職代行サービス」の利用もおすすめ

冷静なコミュニケーション

まず、退職の意思を明確に伝える際は、感情的にならず冷静にコミュニケーションをとりましょう。退職理由については、過酷な労働条件や健康面の懸念を率直に伝えることが良いでしょうが、相手を攻撃するようなトーンにならないよう注意しましょう。

退職のタイミングを入念に検討

次に、退職のタイミングを検討しましょう。仕事のプロジェクトやタスクの合間や順調に進行しているときに辞めることで、後任者への負担を減らし、円滑な引継ぎができます。

また、労働契約や労働基準法に基づいて、適切な退職手続きをすることも忘れないようにしましょう。

感謝の意を表す

ブラック企業での経験は、あなたの成長に貢献した部分も少なからずあるはずです。

さらに、退職までの経緯はどうあれ、上司や同僚には感謝の意を表すことも重要です。

感謝の意を伝えることで、後々の人間関係やネガティブなイメージの軽減につながります。

どうしても辞められない場合は、「退職代行サービス」の利用もおすすめ

ブラック企業の中には、辞意を表明しても簡単には辞めさせてくれないところも多くあります。

そのような場合は「退職代行サービス」を利用するのも一つの方法です。

「退職代行サービス」は、職場を辞めたいけど直接言い出せない時、代わりに退職の手続きをしてくれる便利なサービスです。

辞めることで生じがちなストレスや、職場の人との面倒なやり取りを避けられるため、心にも余裕が生まれます

ブラック企業から転職するコツ

ブラック企業からの転職は、新しいスタートへの大きな一歩ですが、成功に向けてはいくつかの重要なコツがあります。

ブラック企業から転職するコツ
  • 自分の経験やスキルを活かせる分野を選ぶ
  • 自己ブランディング
  • キャリアカウンセラーや転職エージェントのサポートを受ける

自分の経験やスキルを活かせる分野を選ぶ

まず、転職先を選ぶ際には、前職での経験やスキルを活かせる分野や、自分の興味や価値観に合った業界を見つけることが鍵です。

これにより、仕事へのモチベーションを高め、長期的なキャリアの満足度を向上させることができます。

自己ブランディング

また、転職活動を進める際には、自己ブランディングが不可欠です。

履歴書や職務経歴書を丁寧に整え、過去の経験や成果を強調しましょう。面接では、前向きで自信を持って自己アピールすることが大切です。

キャリアカウンセラーや転職エージェントのサポートを受ける

信頼できるキャリアカウンセラーや転職エージェントのサポートを受けることも検討すべきです。

彼らは市場動向や求人情報に精通しており、転職活動を効果的にサポートします。最も重要なのは、ブラック企業での経験をポジティブに捉えることです。

前職での困難な経験から学んだことや成長した点を強調し、新しい職場で貢献できる価値をアピールしましょう。

まとめ

この記事では「ブラック企業からの退職・転職を成功させる方法」について解説してきました。

記事の内容をまとめます。

この記事のまとめ
  1. ブラック企業の特徴として、過度な労働時間、適切な賃金や手当の不払い、健康や安全への配慮欠如、権利侵害、雇用契約の不透明性が挙げられる。
  2. ブラック企業の発生要因には、労働力供給と需要の不均衡、業界内競争の激化、特定業種の厳しい労働条件、規制や監督の不備が関係している。
  3. ブラック企業からの転職に成功するためには、自分の経験やスキルを活かせる分野の選択、自己ブランディング、キャリアカウンセラーや転職エージェントの利用が効果的である。

ブラック企業からの転職では、まず、適切な転職先を選ぶことが成功のカギです。

自分のスキルや興味に合った分野を見つけ、モチベーションを高めましょう。

次に、自己ブランディングが不可欠になります。

履歴書や職務経歴書を整え、過去の経験や成果を強調し、面接では自信を持ってアピールしましょう。信頼できるキャリアカウンセラーのサポートも受けると効果的です。

最も大切なのは、ブラック企業での経験をポジティブに捉えること。困難な経験から学び、新しい職場での価値をアピールし、転職先での成功につなげましょう。

この転機を活かし、充実した職業生活を築くために、前向きなステップを踏み出せることを祈っています。

退職後のお金が心配な人は『退職給付金サポート』の失業後の給付金受給サポートがおすすめ

退職したいけど、転職先が決まるまでの生活費が心配だなぁ……

女性

今の会社がブラックすぎて、退職代行サービスを使ってでも辞めたいんですが、次の仕事は決まっていないし、お金の余裕もないんです……

そんな方におすすめなのが『退職給付金サポート』の「失業後の給付金受給サポート」です。

『退職給付金サポート』は退職後の生活費の保障となる「失業手当」に加え「傷病手当金」を受給するための申請サポートサービスです。

退職後に失業保険(失業手当)を3ヶ月間だけ受給される方は多いものですが、実は、条件を満たしている方は給付金を最大28ヶ月間受給できる制度があるんです。

こういった方は、本来給付金の対象にも関わらず一人あたり数十万円~数百万円もの金額を受け取り損ねています

キャリアナビ

とはいえ、給付金の手続きは複雑で面倒なのも事実です。

その点、『退職給付金サポート』なら複雑な手続きをサポート専任スタッフがご案内!

利用を希望される方は、まずは制度やサービスの概要を知っていただくために『退職給付金サポート』をLINE登録してみてください

\ プロによる給付金の申請サポート

最大受給期間はなんと28カ月

本記事は公開時点の情報を元に作成しており、最新情報とは異なる場合があります
あらかじめご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

転職や退職は人生の大きな一歩です。不安や疑問があるのは当然のこと。そんな皆さんの悩みに寄り添い、一人一人に合った最良の解決策をご提案します。

仕事を辞めたいと思ったら、どうすればいいか。新しい職を探すにはどうしたらいいか。そんな疑問に、一緒に答えを見つけましょう。

目次