薬剤師の転職・就職は「薬剤師ナビ」をご利用ください

退職を引き止められてしんどい!困っている時の4つの対処法

当ページのリンクには広告が含まれています。
男性

上司に退職したいって伝えたら、『人手不足で今辞められたら困る』って言われて、どうしていいかわからなくなっちゃいました…。

女性

退職の意向を示したら、急に態度が冷たくなって。『辞めたいならもっと早く言ってほしかった』と責められ、引き止められる形になってしまって…。

退職を考えているけれど、上司に引き止められて悩んでいませんか?

退職は自分の人生における大切な一歩。でも、その決断を伝えるのは意外と難しいものです。この記事では、そんな時に役立つ、退職をスムーズに進めるための対処法をわかりやすく紹介します。

この記事でわかること
  1. 退職をスムーズに進める方法がわかる
    上司に引き止められても、退職を決意したあなたがどのように対応すればよいかの具体的な手段を知ることができます
  2. 自分の権利を守る方法が学べる
    労働基準法に基づいて自分の権利をどう守り、不当な扱いにどう対処するかのポイントが明確になります
  3. 退職代行サービスの活用法が理解できる
    退職代行サービスを使うメリットと、サービス選びで注意すべき点がわかり、自分に合ったサポートを見つける手助けになります
キャリアナビ

退職の意思をしっかりと伝え、新しいスタートを切るための第一歩を、一緒に踏み出しましょう。

おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
1位2位3位3位
退職代行Jobs
退職代行jobs
退職代行モームリ
モームリ
男の退職代行
男の退職代行
わたしNEXT
わたしNEXT
弁護士法人みやび
みやび
退職110番
退職110番
弁護士法人ガイア
ガイア
退職代行OITOMA
オイトマ
退職代行ネルサポ
ネルサポ
退職代行ガーディアン
ガーディアン
運営元タイプ民間企業民間企業労働組合労働組合弁護士弁護士弁護士労働組合労働組合労働組合
正社員向け
料金(税込)
29,000円22,000円26,800円29,800円55,000円43,800円55,000円24,000円22,000円29,800円
即日退職
返金保証
転職サポート
評判・口コミ紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事
公式サイト
(外部サイト)
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
サービス名評価運営タイプ料金
(正社員)
ポイント公式サイト
1位退職代行Jobs
退職代行jobs

5.0
民間企業29,000円
(税込)
追加料金・期間制限なしでサポート

24時間365日体制で相談受付

現金翌月払いもOK
転職支援あり
詳細を見る
2位退職代行モームリ
モームリ

4.8
民間企業22,000円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

女性スタッフによる対応可能
転職支援あり
詳細を見る
3位男の退職代行
男の退職代行

4.5
労働組合26,800円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
3位わたしNEXT
わたしNEXT

4.5
労働組合29,800円
(税込)
女性特化のサービスが好評

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
目次

退職に上司の許可は必要ない

退職を考えたとき、上司から「人手不足で困る」「パートで続けてほしい」と言われ、なかなか前に進めないことがありますよね。

キャリアナビ

中には、怒りで声を荒げる上司もいます。

しかし、そうした声に耳を傾け続けると、自分の健康を害することになりかねません。

実は、退職する際に上司の許可は法律で必要とされていません

自分の健康や将来を考えたとき、今の職場を離れることが最善と感じるなら、その決断を尊重することが大切です。

もし仕事が本当に好きで、問題なく続けられるなら、退職を考え直すこともあるかもしれません。しかし、体調を崩したり、精神的にも負担を感じているなら、その声には耳を貸さず、自分の幸せを優先しましょう。

退職を引き止められ困っているときの4つの対処法

退職は個人の権利です。

上司にはしっかりと意志を伝え、適切な手続きを踏むことで、スムーズに次のステップに進むことができます。

以下では、退職を引き止められて困っているときの対処法について紹介していきます。

退職を引き止められ困っているときの4つの対処法
  1. 強い意志で退職を伝える
  2. 退職届を「内容証明郵便」で郵送する
  3. 近隣の労働基準監督署に相談する
  4. 退職代行サービスを利用してみる

対処法その① 強い意志で退職を伝える

退職を考えているなら、まずは自分の意志をしっかりと持って、上司に伝えましょう。

「退職することに決めました」と明確に言うことで、あなたの決意が伝わります。

キャリアナビ

この時、どんなに引き止められても、自分の決断を変えない強い態度が大切です。

思いがけず、上司があなたの決意を受け入れることも少なくありません。

退職の意思表示は、はっきりと、しかし冷静に行うことで、スムーズな退職への道を開くことができます。

対処法その② 退職届を「内容証明郵便」で郵送する

もし直接話しても退職の意志が受け入れられない場合は、「内容証明郵便」を使って退職届を会社に送りましょう。内容証明郵便は、送った人と受け取った人、送った日付、そして送った内容が正式に記録される郵便サービスです。

キャリアナビ

この方法を使えば、会社が退職届を受け取ったことが法的に証明されます。

つまり、「退職届をもらっていない」という言い訳をされる心配がなくなります。もしものとき、あなたが退職の意志を示した証拠として役立つでしょう。

退職のプロセスを正式かつ公的に進めたい場合、この方法が非常に有効です。

キャリアナビ

後々のトラブルを避けるためにも、内容証明郵便の利用を検討してみてください。

対処法その③ 近隣の労働基準監督署に相談する

退職時に上司から「辞めたら離職票を出さない」と脅されることがありますが、これは労働基準法違反です。退職後のスムーズな転職活動には離職票が必要不可欠です。

キャリアナビ

こうした不当な扱いを受けた場合は、労働基準監督署へ相談しましょう。

労働基準監督署は、労働者の権利を守るための公的な機関です。離職票の発行は、会社がハローワークに必要な書類を提出した後に行われるプロセスで、これを拒否することは法に反します。

相談する際は、まず会社がある住所を管轄する労働基準監督署に電話で連絡してみましょう

キャリアナビ

相談内容や持参すべき資料を事前に確認しておくと、相談がスムーズに進みます。

不安な気持ちを抱えたまま退職プロセスを進めるのは大変ですが、適切な相談をすることで問題を解決へと導くことができます。

キャリアナビ

自分の権利を守るためにも、労働基準監督署を頼ってみてください。

対処法その④ 退職代行サービスを利用してみる

退職したくても、なかなか上司に伝えられない、伝えても引き止められる……。

そんな時には退職代行サービスの利用を検討してみましょう

退職代行サービス」は、退職をスムーズに進めたいと考えている人のために、退職の意向を会社に代わりに伝えたり、必要な手続きをサポートしたりしてくれるものです。

キャリアナビ

特に、最近ではサービスの質が向上し、信頼できる業者が多くなっています。

費用は、アルバイトの場合1~2万円、正社員では2~3万円程度で、労働組合が運営しているサービスなら、より信頼性が高いです。

もし、有休の消化や未払いの残業代の請求など、より複雑な交渉が必要な場合は、弁護士を通じたサービスもありますが、こちらは費用が高くなることが予想されます(一般的には5万円+税から)。

条件費用
アルバイトの場合1〜2万円程度
正社員2〜3万円程度
有休の消化や未払いの残業代の請求など
より複雑な交渉が必要な場合
5万円+税〜
退職代行サービスの費用の目安

退職の意向を伝えても話が進まない、毎日のようにサービス残業がある、シフトから外されないなど、様々な理由で退職が難しい場合には、このようなサービスの利用を考えてみるのも一つの解決策です。

多くの退職代行サービスでは、LINEなどで気軽に無料相談ができるため、まずは気軽に相談してみましょう。

キャリアナビ

自分一人で悩むよりも、専門家の助けを借りることで、スムーズな退職が実現できます。

まとめ

この記事では「退職を引き止められ困っている時の4つの対処法」を解説しました。

記事の内容をまとめます。

この記事のまとめ
  1. 強い意志で退職を伝える:自分の退職の意志をはっきりと伝え、引き止めに応じない姿勢を見せる
  2. 内容証明郵便で退職届を送る:法的に退職届の受領を証明し、受け取りを否定されるリスクを避ける
  3. 労働基準監督署に相談する:不当な扱いや違法行為がある場合、公的な機関に相談して解決を図る
  4. 退職代行サービスを利用する:対話が難しい場合やスムーズな退職を望む場合、専門のサービスに依頼する

これらの方法を適切に選択し活用することで、退職のプロセスをよりスムーズに、そしてストレスなく進めることが可能です。

退職後のお金が心配な人は『退職給付金サポート』の失業後の給付金受給サポートがおすすめ

退職したいけど、転職先が決まるまでの生活費が心配だなぁ……

女性

今の会社がブラックすぎて、退職代行サービスを使ってでも辞めたいんですが、次の仕事は決まっていないし、お金の余裕もないんです……

そんな方におすすめなのが『退職給付金サポート』の「失業後の給付金受給サポート」です。

『退職給付金サポート』は退職後の生活費の保障となる「失業手当」に加え「傷病手当金」を受給するための申請サポートサービスです。

退職後に失業保険(失業手当)を3ヶ月間だけ受給される方は多いものですが、実は、条件を満たしている方は給付金を最大28ヶ月間受給できる制度があるんです。

こういった方は、本来給付金の対象にも関わらず一人あたり数十万円~数百万円もの金額を受け取り損ねています

キャリアナビ

とはいえ、給付金の手続きは複雑で面倒なのも事実です。

その点、『退職給付金サポート』なら複雑な手続きをサポート専任スタッフがご案内!

利用を希望される方は、まずは制度やサービスの概要を知っていただくために『退職給付金サポート』をLINE登録してみてください

\ プロによる給付金の申請サポート

最大受給期間はなんと28カ月

本記事は公開時点の情報を元に作成しており、最新情報とは異なる場合があります
あらかじめご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

転職や退職は人生の大きな一歩です。不安や疑問があるのは当然のこと。そんな皆さんの悩みに寄り添い、一人一人に合った最良の解決策をご提案します。

仕事を辞めたいと思ったら、どうすればいいか。新しい職を探すにはどうしたらいいか。そんな疑問に、一緒に答えを見つけましょう。

目次