薬剤師の転職・就職は「薬剤師ナビ」をご利用ください

営業職が即日退職を成功させるには?退職代行サービスがおすすめな理由

当ページのリンクには広告が含まれています。
営業職が即日退職を成功させるには?
女性

今の会社で営業をしているんですが、残業やノルマがきつくて、もう限界なんです……。すぐにでも辞めたいんですが、言い出せなくて……。
なにかいい方法はないですか?

営業職は、残業やノルマが重く、心身ともに疲れ切ってしまう方も少なくありません。しかし、退職を決意してもすぐに辞められないケースも多いでしょう。

キャリアナビ

そんな営業職でも、退職代行をうまく利用すれば、即日退職を実現することができます

この記事では、営業職の退職代行について、以下の内容を紹介します。

この記事でわかること
  • 営業職の退職代行とはどういうものか?
  • 営業職が退職代行を利用するメリット・デメリット
  • 営業職が退職代行で即日退職する流れ
キャリアナビ

営業職で退職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
1位2位3位3位
退職代行Jobs
退職代行jobs
退職代行モームリ
モームリ
男の退職代行
男の退職代行
わたしNEXT
わたしNEXT
弁護士法人みやび
みやび
退職110番
退職110番
弁護士法人ガイア
ガイア
退職代行OITOMA
オイトマ
退職代行ネルサポ
ネルサポ
退職代行ガーディアン
ガーディアン
運営元タイプ民間企業民間企業労働組合労働組合弁護士弁護士弁護士労働組合労働組合労働組合
正社員向け
料金(税込)
29,000円22,000円26,800円29,800円55,000円43,800円55,000円24,000円22,000円29,800円
即日退職
返金保証
転職サポート
評判・口コミ紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事紹介記事
公式サイト
(外部サイト)
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
おすすめ退職代行サービス
スクロールできます
サービス名評価運営タイプ料金
(正社員)
ポイント公式サイト
1位退職代行Jobs
退職代行jobs

5.0
民間企業29,000円
(税込)
追加料金・期間制限なしでサポート

24時間365日体制で相談受付

現金翌月払いもOK
転職支援あり
詳細を見る
2位退職代行モームリ
モームリ

4.8
民間企業22,000円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

女性スタッフによる対応可能
転職支援あり
詳細を見る
3位男の退職代行
男の退職代行

4.5
労働組合26,800円
(税込)
業界最安クラスの料金設定

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
3位わたしNEXT
わたしNEXT

4.5
労働組合29,800円
(税込)
女性特化のサービスが好評

24時間365日体制で相談受付

支払い方法が豊富
詳細を見る
目次

営業職の「退職代行サービス」とは?

営業職は、外回りや訪問営業など対面でのコミュニケーションが重要な仕事です。

そのため、退職を決意しても、担当する営業先とのつながりのことを考えてしまい、上司や同僚に退職の意思を伝えるのが難しいと感じる人も多いでしょう。

キャリアナビ

そのような営業職の方でも、スムーズに退職を進めるためのサービスが「退職代行サービス」です。

「退職代行サービス」って何をしてくれるの?

「退職代行サービス」に依頼すると、本人に代わって会社に退職の意思を伝え、退職手続きを進めてくれます。

また、「退職代行サービス」では、会社との交渉も代行してくれます1

たとえば、会社から引き止められた場合でも、「退職代行サービス」が代わりに交渉してくれるので、ストレスなく退職を進めることができます。

ほかにも、有給休暇の消化も交渉できます。

営業職は、仕事が忙しく有給休暇を取得するのが難しい場合もありますが、退職を機に有給休暇を消化することで、心身を休めることができます

キャリアナビ

このように、営業職でも「退職代行サービス」を利用することで、スムーズに退職を進めることができます。

営業職でも即日退職できる?

通常、営業職の場合、引き継ぎなどの関係で即日退職が難しい場合もあります

キャリアナビ

ですが、「退職代行サービス」を利用すれば、即日退職も可能です。

即日退職を希望する場合は、まず「退職代行サービス」に相談して、条件を満たしているか確認することをおすすめします。

また、即日退職を認めてもらうためには、退職理由をしっかり説明することが重要です。

キャリアナビ

退職理由が会社にとって納得できるものであれば、即日退職を認めてもらいやすくなります。

そして、「退職代行サービス」を選ぶ際には、即日退職の実績がある業者を選ぶようにしましょう。即日退職の実績がある業者であれば、会社と交渉する際にも有利です。

「退職代行サービス」で即日退職できる理由

「退職代行サービス」は、労働者の代わりに会社に退職の意向を伝え、退職手続きを代行するサービスです。

「退職代行サービス」を利用することによって、通常は2週間前の退職意思表示が必要な場合でも、即日退職が可能になる場合があります

キャリアナビ

「退職代行サービス」で即日退職できるケースは、大きく分けて2つあります。

「退職代行サービス」で即日退職できるケース
  1. やむを得ない理由がある場合
  2. 会社との交渉で合意を得た場合

①やむを得ない理由がある場合

1つ目の理由は、やむを得ない理由がある場合です。

民法第628条では、労働者側に「やむを得ない事由」がある場合は、直ちに雇用契約を解除できると定められています。

キャリアナビ

具体的には、以下のようなものが「やむを得ない事由」に該当します。

  • 本人または配偶者の病気や介護
  • 家族の死亡
  • 災害
  • 転勤
  • 裁判所の命令

営業職でも、これらの理由に該当する場合は、「退職代行サービス」を利用して即日退職できる可能性があります。

②会社との交渉で合意を得た場合

もう1つの理由は、会社との交渉で合意を得た場合です。

「退職代行サービス」では、会社との交渉を代行してくれる場合があります2

キャリアナビ

このとき、会社側の都合や労働者側の事情などを考慮して、即日退職が可能な場合もあります。

営業職の場合、会社の営業状況や営業職員の配置状況などによっては、会社側が即日退職を了承する可能性も高いものです。

営業職が「退職代行サービス」で即日退職するメリット

退職代行で即日退職するメリットは、大きく分けて以下の3つです。

即日退職するメリット
  • 一度も出社せずに退職できる
  • 上司や同僚からの引き止めに悩まされない
  • 退職までの気まずい期間を過ごさなくていい

一度も出社せずに退職できる

営業職は、顧客との商談や外出先での打ち合わせなどで出社が必須となる場合が多く、退職を決意しても、なかなか踏み切れないという人もいるでしょう。

しかし、「退職代行サービス」を利用すれば、退職の意思表示や、退職届の提出、必要書類のやり取りなど、退職に必要なすべての手続きを、業者が代行してくれるため、一度も出社する必要がありません

上司や同僚からの引き止めに悩まされない

営業職は、顧客との交渉や、新規契約の獲得など、重要な役割を担うことが多いため、退職の際は上司や同僚に引き止められるケースも少なくありません。

キャリアナビ

しかし、「退職代行サービス」を利用すれば、そのような心配をする必要はありません。

「退職代行サービス」を利用すれば、退職の意思表示や、退職交渉など、退職に必要なすべてのやり取りを、業者が代行してくれるため、上司や同僚と直接やり取りする必要がありません

退職までの気まずい期間を過ごさなくていい

営業職でも、「退職代行サービス」を活用することで、即日退職を実現することができます。

即日退職であれば、退職の意思を通知してから退職までの気まずい期間を過ごす必要がありません

営業職が「退職代行サービス」で即日退職するデメリット

「退職代行サービス」を利用して即日退職する場合、以下のデメリットがあります。

即日退職するデメリット
  • 費用がかかる
  • 会社の人から「無責任な奴だ」と思われる可能性がある
  • 会社から損害賠償請求される恐れがある
  • 会社から協議・交渉を申し入れられる可能性がある
  • その他、考慮すべき注意

費用がかかる

「退職代行サービス」を利用する場合、業者によって異なりますが、2万円〜5万円程度を相場として、費用負担が必要になります。

キャリアナビ

さらに、未払い給与・残業代の請求等をおこなった場合は、成功報酬として回収できた金額の2割〜3割が必要になります。

会社の人から「無責任な奴だ」と思われる可能性がある

即日退職は、会社や同僚に迷惑をかける可能性が高いため、無責任な印象を与える可能性があります

会社とのトラブル・交渉に発展することもある

一般的にはあまり起こることではありませんが、即日退職により会社に損害が発生した場合、損害賠償請求される可能性があります。

また、(民間企業が運営する)「退職代行サービス」は、会社と交渉する権限がありません。

そのため、会社から協議・交渉を申し入れられる可能性があります。

キャリアナビ

会社との交渉の結果によっては、すぐに辞められない可能性があります。

これらの問題を解決するには、交渉力の強い弁護士が運営する「退職代行サービス」を利用するのがおすすめです。

その他、考慮すべき注意点

「退職代行サービス」を利用して即日退職する場合、以下のような注意点もあります。

「退職代行サービス」で即日退職する場合の注意点
  • 有給休暇が残っている場合は、有給休暇の消化が必要なことがある
  • 退職金や未払い残業代などの支払いが遅れる可能性がある
キャリアナビ

「退職代行サービス」を利用する場合は、これらの注意点も確認しておきましょう。

営業職が「退職代行サービス」で即日退職する流れ

「退職代行サービス」で即日退職する流れは、以下のとおりです。

営業職が退職代行で即日退職する流れ
  1. 退職代行業者に相談する
  2. 料金を支払う
  3. 退職代行業者から会社に退職意思を伝えてもらう
  4. 退職届を提出する
  5. 退職手続きを完了する
STEP

退職代行業者に相談する

まずは、即日退職に対応している「退職代行サービス」に相談します。

電話やメール、LINEなどで相談を受け付けている業者が多いです。

相談の際には、退職希望日や退職理由などを伝えましょう。

STEP

料金を支払う

相談内容を踏まえて、料金を支払います。料金は業者によって異なりますが、一般的に2万円〜5万円程度です。

STEP

退職代行業者から会社に退職意思を伝えてもらう

料金を支払ったら、「退職代行サービス」から会社に退職意思を伝えてもらいます。退職代行業者は、依頼者の代わりに会社と交渉し、即日退職を認めてもらうよう努めます。

STEP

退職届を提出する

会社が退職を了承したら、退職代行業者から退職届と書類を受け取ります。退職届は、退職日や退職理由などを記載した書類です。書類は、会社に提出する必要があります。

STEP

退職手続きを完了する

退職届と書類を会社に提出したら、退職手続きが完了します。

退職手続きには、有給休暇の消化や貸与品の返却などがあります。

営業職におすすめの「退職代行サービス」3選

ここでは、営業職におすすめの「退職代行サービス」を3つ紹介します。

1.男の退職代行

男の退職代行

『男の退職代行』は、男性専用の退職代行サービスです。

運営元の労働組合「退職代行toNEXTユニオン」は創業18年の実績をもつため、実績が豊富で信頼度も高いことから人気になっています。

キャリアナビ

女性専用の退職代行サービス『わたしNEXT』と同じ運営元です。

口コミでも「返事が早くて丁寧」「いろんな質問に全部答えてくれた」「支払い方法がたくさんあって助かった」など好評で、利用料金の後払いができるところや、無料転職サポートが付いてるところも魅力です。

お財布がちょっと厳しい方や、すぐに転職したい方には『男の退職代行』がおすすめとなっています。

スクロールできます
運営元合同労働組合「退職代行toNEXTユニオン」
運営タイプ労働組合
運営元住所〒107-0062
東京都港区南青山2-2-15
運営元HPなし
料金/正社員26,800円(税込)
料金/アルバイト19,800円(税込)
支払い方法銀行振込

クレジットカード

デビットカード

プリペイドカード

ペイパル

コンビニ決済

楽天ペイ

PayPay

キャリア決済

paidy翌月後払い

コンビニ後払い
返金保証あり
相談方法LINE

メール
受付時間24時間対応
休業日年中無休
『男の退職代行』の概要

\ 公式サイトはこちら /

2.わたしNEXT

わたしNEXT

『わたしNEXT』は、女性専用の退職代行サービスです。

スタッフも女性なので男性相手では言いにくい相談もしやすく、女性特有の体調やメンタルの話、セクハラなどの問題も安心して相談できるところが人気になっています。

口コミでも「すごくていねいに対応してくれた」「色々質問できて納得するまで説明してくれた」と高評価。

転職サポートが無料でついているのも魅力の一つで、すぐにでも次のステージに進みたい女性の方は『わたしNEXT』の利用がオススメです

運営元合同労働組合「退職代行toNEXTユニオン」
運営タイプ労働組合
運営元住所〒107-0062
東京都港区南青山2-2-15
運営元HPなし
料金/正社員29,800(税込)
料金/アルバイト19,800(税込)
支払い方法銀行振込

クレジットカード

デビットカード

プリペイドカード

ペイパル

コンビニ決済

楽天ペイ

PayPay

キャリア決済

paidy翌月後払い

コンビニ後払い
返金保証あり
相談方法LINE

メール
受付時間24時間対応
休業日年中無休
『わたしNEXT』の概要

『わたしNEXT』に無料相談してみる

\ 女性の退職代行なら業界No.1

3.弁護士法人みやび

弁護士法人みやび

『弁護士法人みやび』は早くから、旧名「弁護士法人汐留パートナーズ法律事務所」という名前で退職代行サービスを提供してきた実績も豊富な弁護士事務所です。

口コミを見ると「想像以上に簡単に辞めれた」「退職後の嫌がらせもなかった」と好評で、やはり弁護士に頼むと想像以上に話がスムーズに進むことがわかります。

キャリアナビ

最近では、退職代行に対抗策をとる企業も出てきたので、弁護士という肩書は効果的です。

特に、未払の残業代や給料があって請求したい方、その他金銭が絡むトラブルが起こりそう、会社や上司のブラック度合いや非常識レベルが異常だと感じる方は『弁護士法人みやび』の退職代行サービスをおすすめします。

運営元弁護士法人みやび
運営タイプ弁護士
運営元住所〒105-0005
東京都港区東新橋1丁目1-21今朝ビル5階
運営元HPhttps://www.miyabi-law.jp/
電話番号0120-977-727
料金/正社員55,000円(税込)
料金/アルバイト55,000円(税込)
支払い方法銀行振込
返金保証なし
相談方法LINE

メール
受付時間24時間対応
休業日
即日退職対応あり
転職サポートなし
対応エリア全国
『弁護士法人みやび』の概要

\ 公式サイトはこちら /

キャリアナビ

他にもおすすめの「退職代行サービス」がありますので、以下の記事もあわせてご覧ください。

まとめ

この記事では「営業職が即日退職を成功させるには?退職代行サービスがおすすめな理由」について解説してきました。

記事の内容をまとめます。

この記事のまとめ
  • 「退職代行サービス」を使えば、営業職でも即日退職は可能
  • 「退職代行サービス」を使えば、一度も出社せず、退職まで気まずい思いもしなくて良い
  • 「退職代行サービス」のデメリットとしては費用がかかることや、トラブルに発展する可能性がある

「退職代行サービス」は、営業職でも即日退職を実現できる便利なサービスです。

しかし、「退職代行サービス」には費用がかかることや、会社とのトラブルに発展する可能性もあることを理解しておきましょう。

また、「退職代行サービス」の利用を検討する際には、複数の業者を比較検討し、自分に合った業者を選ぶことが大切です。


  1. 民間企業が運営する「退職代行サービス」では、意思の伝達のみで交渉ができない場合もありますので注意が必要です。 ↩︎
  2. 労働組合、弁護士が運営する「退職代行サービス」に限ります。 ↩︎

退職後のお金が心配な人は『退職給付金サポート』の失業後の給付金受給サポートがおすすめ

退職したいけど、転職先が決まるまでの生活費が心配だなぁ……

女性

今の会社がブラックすぎて、退職代行サービスを使ってでも辞めたいんですが、次の仕事は決まっていないし、お金の余裕もないんです……

そんな方におすすめなのが『退職給付金サポート』の「失業後の給付金受給サポート」です。

『退職給付金サポート』は退職後の生活費の保障となる「失業手当」に加え「傷病手当金」を受給するための申請サポートサービスです。

退職後に失業保険(失業手当)を3ヶ月間だけ受給される方は多いものですが、実は、条件を満たしている方は給付金を最大28ヶ月間受給できる制度があるんです。

こういった方は、本来給付金の対象にも関わらず一人あたり数十万円~数百万円もの金額を受け取り損ねています

キャリアナビ

とはいえ、給付金の手続きは複雑で面倒なのも事実です。

その点、『退職給付金サポート』なら複雑な手続きをサポート専任スタッフがご案内!

利用を希望される方は、まずは制度やサービスの概要を知っていただくために『退職給付金サポート』をLINE登録してみてください

\ プロによる給付金の申請サポート

最大受給期間はなんと28カ月

本記事は公開時点の情報を元に作成しており、最新情報とは異なる場合があります
あらかじめご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

転職や退職は人生の大きな一歩です。不安や疑問があるのは当然のこと。そんな皆さんの悩みに寄り添い、一人一人に合った最良の解決策をご提案します。

仕事を辞めたいと思ったら、どうすればいいか。新しい職を探すにはどうしたらいいか。そんな疑問に、一緒に答えを見つけましょう。

目次